« 日本の「中国人」社会 | トップページ | 歴史の勝者にはウラがある »

2019/01/19

日本プラモデル六〇年史

 【書 名】日本プラモデル六〇年史
 【著 者】小林 昇
 【発行所】文春新書
 【発行日】2018/12/20
 【ISBN 】978-4-16-661197-3
 【価 格】880円

1/700スケールのウォーターラインシリーズや1/35スケールのミリタリーミニチュアシリーズなどを、よく作っておりました。昔はプラモデルが子供の登竜門でしたが、最近はゲームということでプラモデルをつくらない子供も増えているそうです。プラモデルの商標登録をしたのがマルサンという会社で日本最初のプラモデルであるノーチラス号を出しますが結局は倒産してしまいます。スロットレーシングが流行った時の設備投資が原因でした。

ブームになると増産のために設備投資をしますが、見極めが難しいですね。そんな消えていったプラモデルメーカーも紹介されています。メーカーの垣根を超えて連合艦隊を作る構想から始まったウォータラインシリーズやバンダイの電撃機甲師団シリーズなど懐かしいプラモデルの数々が登場します。巻末にはプラモデルに関する年表もついています。

|

« 日本の「中国人」社会 | トップページ | 歴史の勝者にはウラがある »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本プラモデル六〇年史:

« 日本の「中国人」社会 | トップページ | 歴史の勝者にはウラがある »