« 斎宮 | トップページ | 図解 近畿の城郭5 »

2018/12/29

中華料理進化論

 【書 名】中華料理進化論
 【著 者】徐航明
 【発行所】イースト新書
 【発行日】2018/09/20
 【ISBN 】978-4-7816-8050-7
 【価 格】880円

街のいたる所で見かける中華料理。もちろん発祥は中国ですが独自の進化を遂げて日本に定着しました。今やGyouza(餃子)、ラーメン(日式拉麺)として輸出もされています。

■オープン型とクーロズ型
ラーメン屋さんは個人経営のお店やチェーン店がたくさんありますが、サンドウィッチは専門店は少なくパン屋や喫茶店でついでに出されるだけで、理由の一つが型の違い。ラーメンはスープ、麺、トッピングで成り立っていますが製法は公開されていないクローズ型。特にスープはブラックボックスになっています。これに対してサンドウィッチは、ほぼ製法がわかり自分でも簡単に作れるオープン型。面白い視点ですね。

|

« 斎宮 | トップページ | 図解 近畿の城郭5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中華料理進化論:

« 斎宮 | トップページ | 図解 近畿の城郭5 »