« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018/10/27

地図と地形で楽しむ大阪淀川歴史散歩

 【書 名】地図と地形で楽しむ大阪淀川歴史散歩
 【著 者】都市研究会
 【発行所】洋泉社
 【発行日】2018/10/19
 【ISBN 】978-4-8003-1539-7
 【価 格】950円

淀川水系をテーマとした一冊です。仁徳天皇が手掛けた大治水工事の一つが茨田堤で淀川沿いに堤防を築きました。堤根神社の土塁がこの時の名残と伝わっています。もう一つの工事が難波の堀江で現在の大川ではないかと言われていますが長堀川という説もあります。古代から治水には苦労した暴れ川でした。

奈良時代には瀬戸内海への水運を確保するために淀川から安威川へ抜ける運河が作られます。神崎川ですが現在の流路と違って摂津の江口から分かれていました。造ったのは和気清麻呂です。

豊臣秀吉が行った治水工事が文禄堤で京阪・守口市駅近くに700メートルほど残っています。工事をしたのは毛利一族で枚方から大阪まで27kmにわたる大工事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/19

地形と立地から読み解く戦国の城

 【書 名】地形と立地から読み解く戦国の城
 【著 者】萩原さちこ
 【発行所】マイナビ出版
 【発行日】2018/9/28
 【ISBN 】978-4-8399-5978-4
 【価 格】1,290円

カラー版で戦国の城を紹介しています。境目の城や城攻めで使われた附け城など、けっこうマイナーな城も紹介されています。第一章が城の分類と戦国の城の基礎知識にもなっていますので初心者向けガイドにもなっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新史料からわかった新選組の真実

 【書 名】新史料からわかった新選組の真実
 【著 者】菊池 明
 【発行所】洋泉社歴史新書
 【発行日】2018/10/19
 【ISBN 】978-4-8003-1572-4
 【価 格】950円

最新史料をもとに新選組の実態に迫っています。江戸で近藤勇が開いていた道場は試衛館という名前でしたが本当は試衛場でした。他の剣道道場で館という名前が多かったので小説などを書く時に試衛館となり世間に流布したようです。

新見錦 「にいみ」ではなく「しんみ」
山南敬助 「やまなみ」ではなく「さんなん」

他にも伊藤甲子太郎の江戸の道場はどこにあったのか、池田屋の本当の場所はどこか、西本願寺に屯所が移ったのはいつかなどが新史料をもとに明らかにされています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/12

名古屋円頓寺商店街の奇跡

 【書 名】名古屋円頓寺商店街の奇跡
 【著 者】山口あゆみ
 【発行所】講談社アルファ新書
 【発行日】2018/08/20
 【ISBN 】978-4-06-291522-9
 【価 格】800円

名古屋駅から名古屋城へ向かう途中にあるのが円頓寺商店街。歴史がある商店街なんですがモータリゼーションの進展とすぐ近くに駅があったお堀電車(名古屋鉄道瀬戸線)が栄へと路線変更になったことで無くなり商店街がさびれます。ところが商店街には関係がない人物の登場で、この商店街がよみがえっていきます。ただし即効性がある話ではなく、じわっと発展させていくしかありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/09

クスリを飲まずに、血圧を下げる方法

 【書 名】クスリを飲まずに、血圧を下げる方法
 【著 者】渡辺 尚彦
 【発行所】廣済堂出版
 【発行日】2016/04/27
 【ISBN 】978-4-331-52008-6
 【価 格】800円

よく売れているようで3刷となっていました。日本人の中高年の3人に一人は高血圧となっています。薬を飲まなくてもよいという話ではなく、薬を飲みながら運動や減塩を心がけて血圧を下げ、最終的には薬に頼らなくてもよい体づくりをしましょうという至極まっとうな本。なるべく醤油などをかけず、ラーメン自体にも塩分が入っているので、さらに汁も飲んで、さらに塩分の摂取を増やすような生活は遠慮するのが賢明です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/07

日本史のミカタ

 【書 名】日本史のミカタ
 【著 者】井上章一、本郷和人
 【発行所】祥伝社新書
 【発行日】2018/09/10
 【ISBN 】978-4-396-11545-6
 【価 格】840円

日本史に関する対談集ですが、朝廷と歴代幕府との関係の見方などが面白いですね。特に京都の見方。常備軍を持つのは金がかかるので京都をピカピカに光らせることで文化でも経済でも京都に集まる仕組みを作ります。虫が街灯に吸い寄せられて集まるのと同じです。そんな京都の魅力の一つが女官による「おねえさん力」。新田義貞はこの力で後醍醐天皇側につくことになります。

朝廷の建前は公地公民ですので自分が荘園領主になるわけにはいきません。そこで上皇は御願寺を建て、荘園を寺の領地にしてしまって利益をとるシステムとなります。御家人の借金を棒引きにする徳政令対策のために土倉・借上などの商人は担保になる土地を寺に寄進することを条件に融資をします。これなら徳政令がおよびません。ペーパーカンパニーを作るようなもので、当時はお寺はタックスヘイブンでもありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »