« 学校では教えてくれない戦国史の授業 | トップページ | 大阪高低差地形散歩広域編 »

2018/08/02

初期室町幕府研究の最前線

 【書 名】初期室町幕府研究の最前線
 【著 者】日本史史料研究会
 【発行所】洋泉社歴史新書
 【発行日】2018/06/19
 【ISBN 】978-4-8003-1508-3
 【価 格】950円

副題が「ここまでわかった南北朝期の幕藩体制」。鎌倉幕府を倒し建武の新政がはじまりましたが、後醍醐天皇とたもとを分かった足利尊氏が楠木正成、新田義貞という忠臣を滅ぼし室町幕府を成立させたという話がありますが、実際はそんな単純な話ではなく、けっこう複雑でした。

もともとは後深草上皇と亀山上皇が兄弟ながら治天の君の座を争ったのが発端。皇統が持明院統と大覚寺統に分かれ鎌倉幕府も苦慮することになります。大覚寺統の後醍醐天皇が皇統の一本化を考えましたが建武の新政が失敗し、足利尊氏は対抗上、北朝を作ります。ただ尊氏は後醍醐天皇と和睦して皇統統一をはかろうとしていたようです。吉野に後醍醐天皇が移っても北朝側では皇太子をたてずに交渉していました。しかし交渉がうまくいかず最終的に征夷大将軍となり南北朝時代へと突入していきます。

九州がキーワードだった。新田義貞、楠木正成、北畠顕家に敗れた足利尊氏は九州へ逃れ体制を立て直して京都へ戻ってきます。同じように北朝に敗れた南朝も九州で勢力をのばしました。懐良親王を中心にまとまっていました。ちょうど倭寇に悩まされ、できたばかりの明から使者がきて懐良親王は日本国王に認定されます。足利義満といえば日明貿易で儲けたというイメージがありますが、懐良親王から代わって貿易をはじめるまで大変だったようです。

|

« 学校では教えてくれない戦国史の授業 | トップページ | 大阪高低差地形散歩広域編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23401/67012266

この記事へのトラックバック一覧です: 初期室町幕府研究の最前線:

« 学校では教えてくれない戦国史の授業 | トップページ | 大阪高低差地形散歩広域編 »