« 2018年1月 | トップページ

2018/02/17

戦国武将 お墓でわかる意外な真実

 【書 名】戦国武将 お墓でわかる意外な真実
 【著 者】楠戸義昭
 【発行所】PHP文庫
 【発行日】2017/12/15
 【ISBN 】978-4-569-76789-5
 【価 格】880円

戦国武将のお墓は一人の人物でも複数あり、家来や地元などいろいろな謂れで祀られています。
織田信長、明智光秀、豊臣秀吉、徳川家康、武田信玄、上杉謙信、加藤清正、山中鹿之助、島左近、井伊直親・直政、津軽為信、龍造寺隆信、木村重成、高山右近、内藤如安が取り上げられています。

京都の白川沿いに明智光秀の首塚がありますが、目の前にある餅虎という和菓子屋さんが江戸時代から先祖代々守っています。明智光秀を介錯した家来が知恩院に首を運ぶ途中に夜が明けたので埋めたという説と討ち取られた首が本能寺と粟田口刑場でさらされた後に首塚に葬られたという説があるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/10

歴史の愉しみ方

 【書 名】歴史の愉しみ方
 【著 者】磯田 道史
 【発行所】中公新書
 【発行日】2017/11/30
 【ISBN 】978-4-12-102189-2
 【価 格】740円

帯には累計10万部突破とあり奥付は12版になっていました。

■トカラ列島宝島
幕末に外国と対峙したというと下関戦争や薩英戦争が有名ですが、アングロサクソンと日本人が初めての地上戦を行ったのが宝島だそうです。1824(文政7)年に宝島に英国人(捕鯨船員)が上陸。薩摩藩の詰横目がいたので交渉を行いますが、言葉が通じないので身振り手振りで話をします。野菜などを渡したが対価を払うので牛が欲しいといわれたが、これを拒否。そしたら鉄砲をもって攻撃をしてきたため応戦。英国人一人が戦死し他は逃げ去りました。長い航海で牛が食べたかったのが原因のようです。

■伊勢氏
組織化されると計算が必要となります。奈良時代は民部省に主計寮(かぞうるつかさ)がおかれ、中央財政の収支計算を担当。税は主税寮(ちからのつかさ)が担当します。幕府では政所執事が統括しましすが、この役目を鎌倉時代は二階堂氏、室町幕府では伊勢氏が担当します。この伊勢氏の一人が伊勢盛時で後の北条早雲となります。

■直江兼続
関ケ原合戦が終わったあと、直江状などを送った直江兼続はおとがめなしとなりました。直江兼続が処罰されると毛利や島津の家老連中が次はウチだと領国にたてこまれると大坂城の動きしだいで、どうなるか分からなくなります。それで家康は助命したという話が「玉滴隠見」に掲載されているそうです。

■堅田元慶
毛利輝元の寵臣で、関ケ原合戦で毛利を西軍にした中心人物のようです。安国寺恵瓊が吉川広家に相談したが吉川は毛利秀元と相談した方がよいと言ったのを安国寺恵瓊は無視して毛利輝元に堅田元慶と共に大坂へ来るように要請し、これで石田三成に味方することになります。関ケ原合戦の後、家康は安芸・周防・長門の3国と堅田の切腹を要求しましたが毛利輝元は拒否。周防・長門の2国に減らされてしまいます。

■島津の退き口
島津勢は腰さし鉄砲を侍も足軽ももっていて、すごい重装備の精鋭部隊だったようです。絶大な火力でしたので井伊直政など徳川の要人が軒並みやられてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/08

グスク探訪ガイド

 【書 名】グスク探訪ガイド
 【著 者】名嘉正八郎
 【発行所】ボーダーインク
 【発行日】2016/07/10
 【ISBN 】978-4-89982-024-6
 【価 格】1800円

沖縄の城というと世界遺産となった首里城、今帰仁城、座喜味城、勝連城、中城が有名ですが、奄美大島諸島、沖縄諸島、先島諸島にはグスクと呼ばれる城が200~300あるといわれています。そのなかから56ケ所が紹介されています。よく売れているようで第6刷りになっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一揆と戦国大名

 【書 名】一揆と戦国大名
 【著 者】久留島典子
 【発行所】講談社
 【発行日】2001/11/10
 【ISBN 】4-06-268913-8
 【価 格】2200円

「日本の歴史」26巻シリーズの13巻です。一揆といっても江戸時代の百姓一揆ではなく、中世の一揆はある目的をもって組織や集団をつくることでした。神仏に誓う形で一揆を組成し、相互対等の関係でした。この神仏に代わっていったのが戦国大名です。

■徳政令
借金の棒引きですが貸す方にしたらたまったものではありません。大和国宇智郡の百姓連判状が残っていますが、これは蔵本(貸す方)に10年は徳政をしないので、お金を貸してという内容。

■東西の通貨圏
江戸時代に江戸の金遣,大坂の銀遣という言葉が生まれましたが戦国時代にその萌芽があったようです。毛利氏がおさえていたのが石見銀山。銀貨幣の流通が始まります。東国の北条で流通していたのは西国では信用が低下していた永楽銭です。東は銭貨が中心でした。そこで伊勢商人は西国で永楽銭を代金として受け取り東国の支払いにあてていました。信用度が東西で違っていたので為替差益にちかいものが得られたそうです。しかし東でも銭の信用度が落ち始めると金山の多い東国で金を銀山の多い西国で銀が使われるようになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/02

日本史劇場信長たちの野望

 【書 名】日本史劇場信長たちの野望
 【著 者】金谷俊一郎
 【発行所】ベレ出版
 【発行日】2017/12/25
 【ISBN 】978-4-86064-517-5
 【価 格】1600円

戦国時代を分かりやすく北条早雲から織田信長が本能寺の変で倒れるまで各武将の年齢を記載しており、この歳にあの事件が起きたのかなど身近に感じることができます。例えば桶狭間の合戦は織田信長19歳、今川義元42歳、松平元康(徳川家康)27歳の時でした。三好三人衆と争い、織田信長の上洛を待っていた松永久秀は59歳という、当時ではかなりの高齢だったんですね。

上杉の名跡を継いだ上杉謙信はもともと長尾景虎という名前でしたが、この長尾家は古く、古代の東漢氏(やまとのあやうじ)の子孫。源平の合戦では平家につきますが平家が滅亡するすると鎌倉武士の三浦氏に仕えます。ところが北条氏に三浦氏が滅ぼされることで生き残った長尾氏は関東に入ってきた上杉氏の筆頭家臣となっていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ