« 売れないものを売る方法?そんなものがほんとうにあるなら教えてください! | トップページ | 戦国の地政学 »

2018/01/06

本屋がなくなったら困るじゃないか

 【書 名】本屋がなくなったら困るじゃないか
 【著 者】ブックオカ編
 【発行所】西日本新聞社
 【発行日】2016/07/31
 【ISBN 】978-4-8167-0922-7
 【価 格】1800円

副題が11時間ぐびぐび会議となっており福岡で2日間にわたって行われた「車座トーク 本と本屋の未来を語ろう」をまとめたものです。書店、出版社、取次のメンバーが集まり、同じ業界ながら、意外に知らないそれぞれの事情が出てきます。ドイツの書店は日本の書店の利益の4倍ありますが、そもそも本代が高い。文芸書が2千円、専門書で3千円~4千円です。北欧では本の定価は8千円ぐらい、一般の人はほとんど本を買わず、たくさんある図書館へ行くシステムになっています。アメリカはハードカバーがまず出て、高いので図書館や本好きが買いますが、その後に安いソフトカバーが出る形になっています。

2000年に21,495店あった書店の数は2015年に13,488店に減っています。年間500店が減り新規店が200ほどで、差し引き毎年300店がなくなっている計算となります。書籍の冊数のピークは1998年の9億4379万冊(金額は1996年の1兆931億円)で2015年は6億2633万冊(7419億円)。雑誌の冊数のピークは1995年の39億1060万冊(金額は1997年の1兆5644億円)で2015年は14億7812万冊(7801億円)。一番かかるコストは配送費で取次にとってはマイナスになることもあります。

|

« 売れないものを売る方法?そんなものがほんとうにあるなら教えてください! | トップページ | 戦国の地政学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23401/66246534

この記事へのトラックバック一覧です: 本屋がなくなったら困るじゃないか:

« 売れないものを売る方法?そんなものがほんとうにあるなら教えてください! | トップページ | 戦国の地政学 »