« 未来の年表 | トップページ | How Google Works 私たちの働き方とマネジメント »

2017/11/23

近鉄沿線ディープなふしぎ発見

 【書 名】近鉄沿線ディープなふしぎ発見
 【著 者】天野太郎
 【発行所】実業之日本社
 【発行日】2017/11/15
 【ISBN 】978-4-408-33746-3
 【価 格】900円

大阪府、京都府、愛知県、三重県、奈良県に拡がる近鉄沿線の謎を紹介しています。

■近鉄京都駅から京阪バスが発車する
京阪電車は京都駅に接続していませんが、なぜか京阪バスが発着しています。もともと近鉄京都線は奈良電気鉄道が持っていた路線で株主は大軌(近鉄の前身)と京阪でした。やがて奈良電気鉄道がなくなる時、電車の路線は近鉄がもち、京都~奈良のバス路線は京阪がもつという形で決着します。

■あべのハルカス
古語「晴るかす」-人の頃を晴れ晴れとさせるから命名

■久宝寺駅
顕証寺の寺内町で久宝寺という名前の寺はありません。飛鳥時代に建立されましたが戦国時代、松永久秀によって灰燼となります。本尊は助け出され念仏寺へ納められることになりました。

■藤井寺
百済からの渡来人を祖とする葛井連が建立したのが葛井寺(ふじいでら)ですが平安時代には荒廃していました。大和国軽里の藤井安基が復興に尽力したため藤井寺と呼ばれるようになりました。


|

« 未来の年表 | トップページ | How Google Works 私たちの働き方とマネジメント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23401/66076227

この記事へのトラックバック一覧です: 近鉄沿線ディープなふしぎ発見:

« 未来の年表 | トップページ | How Google Works 私たちの働き方とマネジメント »