« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017/08/17

蘇我氏と馬飼集団の謎

 【書 名】蘇我氏と馬飼集団の謎
 【著 者】平林章仁
 【発行所】祥伝社新書
 【発行日】2017/08/10
 【ISBN 】978-4-396-11513-5
 【価 格】820円

田んぼと言えば四角形の正条植えが一番効率がよいのですが、岐阜県高松山松之木町と新潟県佐渡市北鵜島にだけ同心円紋状の田んぼである車田があります。これは馬の額の旋毛である額田と関係しているようです。

蘇我氏の本貫は宗我坐宗我都比古神社ですが、すぐ南が忌部氏の本貫になっていて、蘇我氏の指揮下で各種玉類の製作をしていたようです。蘇我韓子は騎馬で戦ったいたようで馬飼集団と関係しています。

馬飼集団・平群氏
「紀氏家諜」に平群氏と馬について書かれています。額田駒宿祢が馬を飼育して天皇に献上し、馬工連の氏姓を与えられ、この馬工連と平群氏は同族でした。平群の地で馬飼をし、生駒は養駒の地から名付けられます。額田は平群郡額田里に住み、母系の氏姓である額田首を名乗りました。この額田首氏の本貫が河内国額田郷である。

額田部
額に旋毛(つむじ)がある馬を献上したことかた額田部の姓をたまわりました。額田部湯坐連氏は額田部皇女(推古天皇)の養育を担当した氏族です。

河内日下
隼人系集団の移住地で、馬飼を行い国家に胸腔していました。仁徳天皇と髪長媛と間に生まれた大日下王、若日下王の居住地で日下宮王家の拠地でした。雄略天皇が日下の直越道を通って若日下王に求婚しています。日下といえば神武東征の舞台となったところで、盾津といいますが、この盾は隼人の盾です。孔舎衙の戦いで大きなる樹に隠れてやりすごした人がいて、恩、母のごとしと樹に感謝したことから、その地を母木邑(おものきむら)と名付けました。この母木邑が豊浦郷。継体天皇の時代(530年)に任那復興で派遣された近江毛野臣の従者とみられる河内母樹馬飼首御狩の拠地となります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の異界 名古屋

 【書 名】日本の異界 名古屋
 【著 者】清水義範
 【発行所】KKベストセラーズ
 【発行日】2017/07/18
 【ISBN 】978-4-584-12559-5
 【価 格】824円

名古屋人は大学も名古屋で、そのまま名古屋で就職します。同窓生とも親密な関係が続き、出来上がるのがツレ・コミュニケーション。何か頼み事があると「ツレに聞いてみると」なります。

名古屋メシといえば味噌カツが有名ですが東海地域に拡がる豆味噌文化が背景にあります。東海地域以外では大豆に麦やコメを混ぜて味噌を作っていますが、東海地域では大豆だけで味噌を作っています。モツなどを煮込んだものを”どて”と呼んでいますが、これも名古屋独特の文化になります。

また喫茶店では小倉トーストが出てきますが、粒あんを小倉と呼ぶのは拾遺和歌集の歌に由来します。「小倉山 峰のもみぢ葉心あらば 今ひとたびのみゆき待たなむ」で。小倉山といえば紅葉が有名で、紅葉は鹿がつきもの。粒あんを鹿の子模様に見たて、今ひとたびのみゆき待たなむ、をもう一度食べたいものだの意味にかけているそうです。

名古屋には久屋大通、若宮大通という100メートル道路があります。戦後、田淵寿郎という人物が都市計画をしますが、もう一つ行ったのが市内の墓を集めて作った平和公園という一大墓地、戦後で町が灰燼している時とはいえ、よく作りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/12

下鴨納涼古本まつり

下鴨納涼古本まつり
下鴨納涼古本まつりには40軒近くの古本屋さんが出品しており、一角に絵本コーナーがあります。ここには古書市の神様に回収された「ラ・タ・タ・タム」の絵本があります。

あるはずなんですがねえ。(笑)なんとか絵本を見つけて手を出し、黒髪の乙女と手を触れあわねば!

ご存知、森見登美彦の小説「夜は短し歩けよ乙女」の一節です。しばらく絵本を探しても見つからないので本来の目的である城郭関係の古本探しです。探していると目的とは関係のない津の昔の本などを見つけてしまうので困ったものです。ツン読が増えるだけです。でも本は見つけた時に買わねば二度と出会えません。

下鴨納涼古本まつりは京都古書研究会が主催する古本市で、なんせ古代からある糺ノ森で古書市が行われます。学生やら外国人など京都らしいお客さんが多く緑に囲まれて一風変わった古書市です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/11

食品サンプルの誕生

 【書 名】食品サンプルの誕生
 【著 者】野瀬泰申
 【発行所】ちくま文庫
 【発行日】2017/07/10
 【ISBN 】978-4-480-43456-2
 【価 格】800円

レストラン前に並ぶ食品サンプルの歴史や効能などをまとめた一冊です。阪急百貨店に食堂ができ、たくさんのお客さんが集まりましたが、お客をさばくのに有効だったのが前払いの食券制度。食券を買うために必要だったのが食品サンプルです。百貨店の食堂で最初に食品サンプルを出したのは白木屋のようです。

日本の料理名には遊びが多い
時雨煮-烏丸大納言光広が関東へ下向する途中、桑名ではまぐりを食べている時に時雨が降ってきた。「神無月ふりみ降らずみ定めなきしぐれぞ冬の初めなりける」という古歌から時雨煮と名づけた
助六-遊女「揚巻」が登場する歌舞伎「助六」から揚が稲荷でノリ巻
信田寿司(名古屋)-稲荷寿司発祥の地で狐といえば信田の森から

食品サンプルは料理の名前を聞いても、よくわからない点を補う面があります。ところがこれは日本人の考え方で、フランスのメニューは食材と料理法を詳しく載せていて、まず最初にこの料理はいける、これはやめた方がよいと時にはギャルソンも交えて10分ぐらい議論するのが儀式になっていて、食品サンプルを店頭に置くという発想はないそうです。また日本人は機械が作ったものを食べることに違和感がない点もありそうです。そういえば阪神百貨店では自動式イカ焼き機がガラス張りでまじかに見られ、なんの違和感も感じません。回転焼きなども同様で、よくできた作り物だから面白いという発想が食品サンプルにありそうです。

日本だけではなく日本から進出する形で韓国や中国に食品サンプルが進出しているレポートも掲載されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/03

外資系コンサルの知的生産術

 【書 名】外資系コンサルの知的生産術
 【著 者】山口 周
 【発行所】光文社新書
 【発行日】2015/01/20
 【ISBN 】978-4-334-03836-6
 【価 格】860円

知的生産の技術研究会・関西を主催しており、知的生産という言葉に反応した一冊です。副題は「プロだけが知る99の心得」になっています。

例えば「問を裏返す」ではアメリカのケチゥャプメーカー・ハインツの事例が出ています。濃度が高いケチャップをガラス瓶で提供していましたが取り出しにくいと不評でした。競合はサラサラ(濃度が低い)ケチャップをチューブで出していて、ブランドスイッチが起きていました。そこでハインツが考えたのは同じチューブ型を出すのではなく「中身が出しにくいのは濃い濃度だから」ということを訴求します。暗にチューブは濃度が低いんだということで攻撃する手法です。

コンプライス違反を起こした会社から再発防止策を相談された時、すでに組織論などに造詣が深い場合は歴史に解を求めます。結論は権力者の暴走を止めるにはカウンターバランスが必要で、どれだけ政権が変わっても連綿と続いた宦官と官僚制度をもとにした提案を事例として紹介しています。

他にも、けっこう面白い豆知識がいろいろなところに散りばめられています。

■戦車の発明は海軍大臣だったチャーチル
第一次世界大戦では塹壕戦が特徴の一つです。双方の塹壕によって膠着状態になった時、農業用トラクターに装甲をつけて突撃させたらどうかというアイデアを出したのは陸戦の素人だったウィンストン・チャーチル。イノベーションは部外者と新参者が起こす事例です。

新約聖書のオリジナルはヘブライ語ではなく、ギリシャ語だったや直流を編み出したエジソンが交流を攻撃するために、電気椅子による死刑を考え出し、交流の危険性を宣伝したなどの逸話が掲載されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »