« 戦国おもしろばなし百話 | トップページ | 京都の凸凹を歩く2 »

2017/07/16

本棚探偵 最後の探偵

 【書 名】本棚探偵 最後の探偵
 【著 者】喜国雅彦
 【発行所】双葉文庫
 【発行日】2017/6/18
 【ISBN 】978-4-575-71467-8
 【価 格】722円

ミステリ評論家である日下三蔵氏の蔵書がこの本でも出ており、写真も掲載されていますが、すさまじい本の山!しかも同じ本を何冊も買う猛者です。アシモフの「黒後家蜘蛛の会」のパロディ版「黒函紙魚の会」が掲載されていますが
「私は古書店を経営しているんですが、不思議なお客さんがいるんです。その人は同じ本のセットをいくつも買っていくんです。どういうことでしょうか?」
「それは日下三蔵さんです」と、速攻で謎が解かれます。

「書庫でシリトリ」もいいですね
ルンルンと、手にして帰れば三冊目
たった今売れましたよ、と悪魔の告知
いつまでもあると思うな古本は
いつまでもあると思うな新刊も
読んだはずだが覚えていない

確かに。(笑)この本は第68回日本推理作家協会賞 評論その他の部門を受賞したそうで、その話もあとがきに掲載されています。


|

« 戦国おもしろばなし百話 | トップページ | 京都の凸凹を歩く2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23401/65541775

この記事へのトラックバック一覧です: 本棚探偵 最後の探偵:

« 戦国おもしろばなし百話 | トップページ | 京都の凸凹を歩く2 »