« 江戸始図でわかった江戸城の真実 | トップページ | 司馬遼太郎で学ぶ日本史 »

2017/07/06

セブンイレブン1号店繁盛する商い

 【書 名】セブンイレブン1号店繁盛する商い
 【著 者】山本憲司
 【発行所】PHP新書
 【発行日】2017/03/01
 【ISBN 】978-4-569-83285-2
 【価 格】800円

豊洲でセブンイレブン1号店を開業し、現在は6店舗を経営しているオーナーがどうやって店を繁盛店にしていったかの秘話です。オープンしたのは1974年5月15日の雨の日でした。最初のお客さんが買っていたのが800円のサングラス。ここからコンビニがスタートし、背面補充するリーチイン・クーラー、ロックアイス、プルトップ缶、小分け配送、ドミナント戦略など必要にせまられて、いろいろな工夫が生まれます。

少数だけど常連客が買う商品があれば切らしてはダメ、お客にあわせて発注し品揃えするのが鉄則です。買いたい商品がないと失望となり、2回続くと寄ってもらえなくなります。廃棄も宣伝と考えて品切れのない店とお客さんに認識してもらえれば常連客になってくれます。


|

« 江戸始図でわかった江戸城の真実 | トップページ | 司馬遼太郎で学ぶ日本史 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23401/65500400

この記事へのトラックバック一覧です: セブンイレブン1号店繁盛する商い:

« 江戸始図でわかった江戸城の真実 | トップページ | 司馬遼太郎で学ぶ日本史 »