« 南朝研究の最前線 | トップページ | 山城の不思議と謎 »

2017/04/11

人工知能はいかにして強くなるのか

 【書 名】人工知能はいかにして強くなるのか
 【著 者】小野田博一
 【発行所】講談社ブルーバックス
 【発行日】2017/01/20
 【ISBN 】978-4-06-502001-2
 【価 格】1000円

グーグルが開発した人工知能アルファ碁がプロ棋士をついに破ったというニュースが世界中を駆け巡ります。人工知能がいよいよシンギュラリティ(技術的特異点)を超えて、本当に知能をもつのではないかと感じた人も多いでしょう。実際、人工知能がどう考えているのかチェス、将棋、囲碁をテーマに解説した本です。基本的には局面をどこまで読むかが勝負ですが、いかに無駄な局面の検討をしないようにすることも大切です。アルファ碁の本質も評価関数とモンテカルロ法(乱数の発生)を駆使しています。人工知能がいかに学習して現在のようになってきたかが分かる一冊です。


|

« 南朝研究の最前線 | トップページ | 山城の不思議と謎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人工知能はいかにして強くなるのか:

« 南朝研究の最前線 | トップページ | 山城の不思議と謎 »