« 境界大名16家 | トップページ | 応仁の乱 »

2017/03/01

天皇にとって退位とは何か

 【書 名】天皇にとって退位とは何か
 【著 者】本郷 和人
 【発行所】イースト・プレス
 【発行日】2017/01/27
 【ISBN 】978-4-7816-1506-6
 【価 格】1400円

歴史学者から見た天皇の退位に関する分析です。江戸時代など京都周辺は別にして一般庶民は天皇の存在を知りませんでした。大名という”殿さま”がいただけです。日本はバラバラの集合体ですが、伊藤博文などがヨーロッパ諸国を見に行くとキリスト教で一枚岩になっていました。そこで国民のあいだに天皇の重要性を認識させ、アイデンティティを植え付けていくことになります。また明治政府は世襲を排し、父親の身分によって加点されるような抜け道をなくしました。ですが二世議員や三世議員が出るようにまた世襲社会に戻っています。

武家が天皇にとって代わろうと思えばできる軍事力がありましたが、できなかったのは武家が独自の土地所有の仕組みをつくりだすことができなかったことにあります。
土地所有は職の大系で、土地を一人で所有するのではなく重層的な支配構造のなかで所有しています。
本家-最上位の土地の名義上の所有者 摂関家や大寺社など
領家-有力貴族、有力寺社
地頭、下司-現場で荘園を管理する武士
公文-現地で実務をとっていた下級職員

|

« 境界大名16家 | トップページ | 応仁の乱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23401/64958320

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇にとって退位とは何か:

« 境界大名16家 | トップページ | 応仁の乱 »