« 人工知能と経済の未来 | トップページ | なぜアマゾンは1円で本が売れるのか »

2017/02/09

預言者 梅棹忠夫

 【書 名】預言者 梅棹忠夫
 【著 者】東谷 暁
 【発行所】文春新書
 【発行日】2016/12/20
 【ISBN 】978-4-16-661106-5
 【価 格】940円

筆者は東京の飯田橋にあった民族学振興会千里事務局東京分室で働いており「季刊民族学」などの編集をしていました。設立したのが梅棹忠夫です。それほど会ったことはないと書かれていますが、身近で見た梅棹忠夫を時系列で紹介しています。梅棹忠夫の生涯を書くような内容ではなく、言論人としてどうだったか、思想家としてはどうだったか、文化行政プランナーとしてどうだったかなどが、いろいろな逸話とともに紹介されています。

|

« 人工知能と経済の未来 | トップページ | なぜアマゾンは1円で本が売れるのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23401/64872381

この記事へのトラックバック一覧です: 預言者 梅棹忠夫:

« 人工知能と経済の未来 | トップページ | なぜアマゾンは1円で本が売れるのか »