« 敗者の古代史 | トップページ | 飛鳥むかしむかし 飛鳥誕生編 »

2016/11/12

街道で読み解く日本史の謎

 【書 名】街道で読み解く日本史の謎
 【著 者】安藤優一郎
 【発行所】PHP文庫
 【発行日】2016/11/15
 【ISBN 】978-4-569-76568-6
 【価 格】780円

日本史の事件を街道をからめて考察した本です。鎌倉といえば幕府が開かれた源氏の総本山ですが、鎌倉は鎌倉街道を使ってけっこう攻め込まれています。新田義貞が鎌倉に攻め込み幕府が滅びますが、今度は北条氏が中先代の乱を起こし、鎌倉を占領します。他にも北畠顕家率いる軍勢に占領されたり、尊氏側が奪い返したりと、よく戦場となる土地でした。

秋葉原といえば今はオタクの街ですが、知名の由来は秋葉神社。本当は秋葉神社じゃなかったんですね。遠江国にある秋葉神社が火伏の神として信仰を集めていて全国に勧請していました。火事が多かった東京府では火除地を作り、鎮火神社を作りましたが、どうもこの時に秋葉大権現が勧請されたと皆、思ったみたいで勘違いから秋葉原の地名になってしまいました。

|

« 敗者の古代史 | トップページ | 飛鳥むかしむかし 飛鳥誕生編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 街道で読み解く日本史の謎:

« 敗者の古代史 | トップページ | 飛鳥むかしむかし 飛鳥誕生編 »