« とっぴんぱらりの風太郎(下) | トップページ | わたしの小さな古本屋 »

2016/09/29

検証!古代史「十大遺跡」の謎

 【書 名】検証!古代史「十大遺跡」の謎
 【著 者】関 裕二
 【発行所】PHP文庫
 【発行日】2016/05/11
 【ISBN 】978-4-569-76567-9
 【価 格】700円

邪馬台国の候補地として纏向遺跡があがっていますが、近江にある伊勢遺跡もとんでもない遺跡のようで、環濠集落に円形配置で30ほどの建物が並んでいました。魏志倭人伝に倭国は30の国があったと記されているので、伊勢遺跡に各地の長が集まって会議をしていた場所ではないかという説があります。ただ旧石器時代の集落でも円形に住居が並ぶことがあり、もしかしたら関連があるかもしれません。

藤原京という名前は明治になってからつけられた名前で当時は単純に京と呼んでいただけで、万葉集では”藤井が原”と呼んでいました。天武天皇の時代に造営が始まっており、儒教の古典である「周礼」に従って京の中心に宮が作られました。周礼では宮の北側は市場で、実際に市場があったようです。

三内丸山遺跡、板付遺跡、荒神谷遺跡、吉野ヶ里遺跡、纏向遺跡、鬼ノ城、箸墓古墳、稲荷山古墳、藤ノ木古墳、藤原京の十大遺跡が紹介されています。


|

« とっぴんぱらりの風太郎(下) | トップページ | わたしの小さな古本屋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 検証!古代史「十大遺跡」の謎:

« とっぴんぱらりの風太郎(下) | トップページ | わたしの小さな古本屋 »