« 津の城跡50選 | トップページ | なぜ地形と地理がわかると戦国時代がこんなに面白くなるのか »

2016/07/24

京都の凸凹を歩く

 【書 名】京都の凸凹を歩く
 【著 者】梅林秀行
 【発行所】青幻社
 【発行日】2016/05/10
 【ISBN 】978-4-86152-539-1
 【価 格】1600円

巻末に「ブラタモリ」プロデューサーと著者との対談が記録されていますが、ブラタモリ京都編、奈良編、京都嵐山編、京都伏見編の4回に出演されていたんですね。御土居の回などは河岸段丘が見事で放送後に実際に見に行っておりました。

祇園、聚楽第、御土居、巨椋池、伏見、淀の高低差について分かりやすく解説しています。伏見指月に伏見城の舟入の凸凹が残っているとは知りませんでした。京都の凸凹を歩くのに最適なガイドです。


|

« 津の城跡50選 | トップページ | なぜ地形と地理がわかると戦国時代がこんなに面白くなるのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23401/63960337

この記事へのトラックバック一覧です: 京都の凸凹を歩く:

« 津の城跡50選 | トップページ | なぜ地形と地理がわかると戦国時代がこんなに面白くなるのか »