« 時代劇の間違い探し | トップページ | 近鉄沿線の不思議と謎 »

2016/06/14

行っては行けない外食

 【書 名】行っては行けない外食
 【著 者】南 清貴
 【発行所】三笠書房知的生きかた文庫
 【発行日】2016/04/10
 【ISBN 】978-4-8379-8402d-3
 【価 格】630円

回転寿司に出てくるアナゴのほとんどはチリ産のウミヘビで、テレビなどでもよく取り上げられており有名な話です。外食産業の裏側に焦点をあてた本ですが基本的に安いモノには安い理由があるということです。

■ショートケーキの語源
語源はいくつか説があるのですが、この本で紹介しているのがスポンジを作るのにショートニングを使っているからという説。ショートニング とは、主として植物油を原料とした食用油脂で、トランス脂肪酸の問題があり、大量にとれば健康被害にいたります。

■うまみ
化学調味料グルタミン酸ソーダの味に慣れており、これを「うまみ」だと勘違いしているお客さんが多いそうで、素材の味にこだわり本物の味を出しているお店の評価はいまいちなんだそうです。料理長も化学調味料をいれれば評価があがることは分かっていますが、かたくなに本物の味を守っているそうで、こういうお店こそ応援すべきですね。

外食の注意点満載の本です。


|

« 時代劇の間違い探し | トップページ | 近鉄沿線の不思議と謎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 行っては行けない外食:

« 時代劇の間違い探し | トップページ | 近鉄沿線の不思議と謎 »