« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016/06/26

「本能寺の変」は変だ!

 【書 名】「本能寺の変」は変だ!
 【著 者】明智憲三郎
 【発行所】文芸社
 【発行日】2016/05/30
 【ISBN 】978-4-286-17627-7
 【価 格】1000円

「本能寺の変 431年目の真実」が面白かったので、買ってきました。

明智光秀の謀反の理由について、信長に足蹴にされたからとかハゲと呼ばれたからとか敵方に人質にしていた母親を殺されたからとかいろいろな説がありますが、初出は講談本など後世の書からとられていることを明確に示しています。森蘭丸も蘭丸ではなく乱丸が本当のようです。

では、謀反の理由はなんだったのか、謀反を起こして失敗すれば土岐氏一族の滅亡になりますので、それ以上の合理性がなければなりません。長曽我部氏が織田信孝の軍勢によって滅ぼされようとした時に前々から計画した謀反の時期を少し早めたようです。謀反を歌にこめたと言われる愛宕百韻の原本は秀吉が没収したと寺では伝わっているようです。秀吉はなにを隠したかったのでしょうね。

この本では信長の唐入りの阻止が目的だったようです。国内は自らの子息に分け与えて、諸侯は日本から遠ざけ一族の安泰をはかるのが目的で、光秀も出陣させられ土岐家の繁栄は望めません。秀吉は唐入りを実行しましたが自らの死去で頓挫してしまいました。ただ秀吉の唐入りでは加藤清正や福島正則などが攻め入っていますので、親族が少ない秀吉が国内で納めるべき人材を外へ出すのはどうですかねえ。また織田信長は弟の信行を殺していますし、信長亡き後は息子の信孝と信雄が争っていますからどうでしょうか。ただ家康と秀忠が江戸幕府というシステムを作り上げたのは、信長、秀吉に学んだからでしょう。

いろいろと考えさせられる一冊です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/06/21

書店ガール5 ラノベとブンガク

 【書 名】書店ガール5 ラノベとブンガク
 【著 者】 碧野圭
 【発行所】PHP文芸文庫
 【発行日】2016/05/20
 【ISBN 】978-4-569-76554-9
 【価 格】660円

書店ガールシリーズの最新刊です。今回のテーマはライトノベル。先日、梅田・茶屋町のジュンク堂へ行ったらライトノベルのコーナーがありBL(ボーィズラブ)やレスビアンの案内表示もされていて、けっこうなエリアを占拠していました。よく売れているんですね。

今回はおなじみの書店だけでなくライトノベル大賞選考の舞台裏が楽しめる一冊になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/06/19

進化する戦国史

 【書 名】進化する戦国史
 【著 者】渡邊 大門
 【発行所】洋泉社
 【発行日】2006/04/25
 【ISBN 】978-4-8003-0920-4
 【価 格】1700円

真田幸村という名前を本人は信繫と名乗っていたなど、戦国史の研究がすすんでいます。織田信長は革新的だったのか、毛利はなぜ生き残れたのか、関ヶ原の合戦や大坂の陣はどうだったのか4つのテーマを中心に、後世に書かれた2次資料ではなく1次資料の研究では、どこまで分かってきたかをまとめた1冊です。

■広島の語源
毛利氏の発祥は相模国毛利荘(厚木市)で南北朝期に広島に移り西国の雄となってきました。広島を拠点にしましたが広は先祖である大江広元からとっています。島は地元豪族で城普請などを担当した福島元長からとっています。

覇権を争った尼子氏は近江国犬上郡尼子郷の出身。出雲守護京極氏の守護代として出雲に赴任したことから成長していきます。

■備中高松城の戦い
高松城と連絡できる城を落し、高畠水軍などを寝返らせて瀬戸内海の制海権を秀吉がおさえておきました。毛利方の武将を調略しており、毛利としては秀吉と全面戦争することはできず、ゲリラ戦ぐらいしかできませんでした。本能寺の変の後に引き上げる秀吉軍を約束だからと追撃しないという話がありますが、体力がなかったというのが真相のようです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/06/16

近鉄沿線の不思議と謎

 【書 名】近鉄沿線の不思議と謎
 【著 者】天野太郎
 【発行所】じっぴコンパクト新書
 【発行日】2016/05/14
 【ISBN 】978-4-408-11187-2
 【価 格】850円

私鉄では日本最長の営業路線距離をもつ近鉄。古代から都だった地域を通るので沿線にはいろいろな名所があります。

■古代の山陽道
まっすぐ南に向いていた京都線が新田辺駅から興戸駅、三山木駅と斜め(南東)へ曲がります。JRも同じで同志社前駅は斜めの途中にありますが、これは古代の山陽道に沿って線路がひかれたからだそうです。

■湯の山温泉
四日市の奥座敷にあるのが湯の山温泉。御在所岳の麓にあり栄えましたが、幕末はすたれてしまいます。西南戦争で戦った名古屋鎮台は湯の山温泉を兵士の保養所にし、療養を終えた兵士が郷里に帰って温泉の素晴らしさを伝えたことから賑わいを取り戻したそうです。

■奈良奉行所
家康が作った奈良奉行所が現在の奈良女子大学にありました。奉行所といいながら土塁や大きな堀があり、城郭でした。まだ大坂の豊臣と対峙していた時代で、つなぎの城の1つだったようです。大坂冬の陣では奈良奉行所に宿泊して、大坂へ向かいました。

■桃太郎は田原本町出身
田原本町黒田の法楽寺付近に孝霊天皇の宮があり、ここで生まれた吉備津彦命が家臣の犬養部、猿養部、鳥養部を連れて吉備を目指します。これが桃太郎伝説になったようです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/06/14

行っては行けない外食

 【書 名】行っては行けない外食
 【著 者】南 清貴
 【発行所】三笠書房知的生きかた文庫
 【発行日】2016/04/10
 【ISBN 】978-4-8379-8402d-3
 【価 格】630円

回転寿司に出てくるアナゴのほとんどはチリ産のウミヘビで、テレビなどでもよく取り上げられており有名な話です。外食産業の裏側に焦点をあてた本ですが基本的に安いモノには安い理由があるということです。

■ショートケーキの語源
語源はいくつか説があるのですが、この本で紹介しているのがスポンジを作るのにショートニングを使っているからという説。ショートニング とは、主として植物油を原料とした食用油脂で、トランス脂肪酸の問題があり、大量にとれば健康被害にいたります。

■うまみ
化学調味料グルタミン酸ソーダの味に慣れており、これを「うまみ」だと勘違いしているお客さんが多いそうで、素材の味にこだわり本物の味を出しているお店の評価はいまいちなんだそうです。料理長も化学調味料をいれれば評価があがることは分かっていますが、かたくなに本物の味を守っているそうで、こういうお店こそ応援すべきですね。

外食の注意点満載の本です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/06/11

時代劇の間違い探し

 【書 名】時代劇の間違い探し
 【著 者】若桜木 虔、長野 峻也
 【発行所】新人物文庫
 【発行日】2015/02/12
 【ISBN 】978-4-04-601058-2
 【価 格】700円

■薩長同盟の黒幕
黒田家藩・黒田長溥(くろだ ながひろ)という蘭癖大名で有名な藩主がいますが、もともとは薩摩の島津家の出身。婿養子で黒田家の当主になります。シーボルトとも交流していました。島津斉彬が亡くなり久光が後を継ぐと西郷隆盛は流罪になってしまいます。久光に勧告して西郷を呼び戻したのが黒田長溥で、これで恩を感じることになります。黒田長溥は過激派浪士に狙われる立場であり、裏で動いて薩長同盟を画策していきます。

■三つ指をついて迎える
主人が帰ってきた時、武家の子女が三つ指をついて迎えるシーンがでてきますが、吉原の遊女が髷の形が崩れるので始めた中途半端なお辞儀。額が床につくほど下げるか、胸をはって挨拶するかのいずれかだったそうです。両手で襖を開けるシーンもでてきますが、あれは商人の家で、武家では懐剣に手をかけて襖は足で開け、いつでも戦闘態勢に入れるようにしていたそうです。

時代劇の間違いがよく分かる一冊になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/06/05

「東国の城」の進化と歴史

 【書 名】「東国の城」の進化と歴史
 【著 者】西股 総生
 【発行所】河出書房新社
 【発行日】2016/04/20
 【ISBN 】978-4-309-22662-0
 【価 格】1,900円

秀吉による小田原攻めや扇谷、山内、足利、北条との戦いなどの舞台となった城が当時のイラストや解説とともに紹介されています。

武蔵 大堀山城、杉山城、深大寺城、辛垣城、腰越城、虎ヶ岡城、八王子城
相模 三崎城、津久井城
越後 荒砥城
伊豆 狩野城
駿河 小長谷城
甲斐 御坂城
常陸 塙城

紹介されている城のほとんどが城主が住むというタイプではなく緊張が高まり戦闘準備の中で造られた戦うための城が多く、縄張りなどについて解説されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸の卵は一個400円!

 【書 名】江戸の卵は一個400円!
 【著 者】丸太 勲
 【発行所】光文社知恵の森文庫
 【発行日】2015/02/20
 【ISBN 】978-4-334-78668-7
 【価 格】620円

江戸時代のモノの値段を解説した一冊で、モノによっては意外に高く、また現代の感覚からすると意外に安いモノまで様々で、江戸時代の暮らしに思いをはせることができます。

■100円ショップが江戸時代にあった
江戸時代の1文銭は現在お貨幣価値では20円ぐらい。1768(明和5)年に四文銭が登場します。これによってモノの価格が4の倍数となりました。1串に5個ささって5文で売られていた串団子が1串4個に変って4文になりました。ワンコインですみます。そして登場したのが四文屋(しもんや)。四文銭均一のいわゆる100円ショップですが、現在のような日用雑貨ではなくコンニャクや大根などを串に刺して大鍋で煮込んで販売する惣菜屋でした。

江戸の治安を守っていたのが南と北の奉行所ですが、同心はあわせて30名ほどという少人数でした。そこで自治組織が作られますが、町の木戸を管理する木戸番を町内で雇いましたが、給料が低いので兼業OK。ただし木戸番小屋を離れられませんので、小屋で駄菓子やロウソクなどの日用品や焼き芋などを売りはじめました。今のコンビニみたいなものです。

■ヤバイ
浅草や両国などには矢場と呼ばれる、弓で的を射る娯楽場が誕生します。矢返しと言い、女性が客が射た矢を集めていました。矢返しが拾っている間も矢が飛んできて危なく、これがヤバイの語源になったそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/06/02

最後の戦国合戦「小田原の陣」

 【書 名】最後の戦国合戦「小田原の陣」
 【著 者】中田 正光
 【発行所】洋泉社歴史新書
 【発行日】2016/05/21
 【ISBN 】978-4-8003-0954-9
 【価 格】950円

■秀吉の惣無事の儀
関白となった秀吉が全国の大名に出したのが惣無事の儀。大名同士の私戦(領土争奪戦)の停止です。当時、城には武士だけでなく百姓も入って戦っていましたが、秀吉は籠城していた百姓を武装解除させ農地に返す政策にしていました。自分の身は自分で守れという自力救済権の戦国時代では、落城した城にいた百姓などは身売りされましたが、そんな時代を終わらせ生産力を確保しようという考えが強まります。また武士の土地は一所懸命ではなく、一時的に預けた土地にパラダイムシフトしています。

■城には城兵がいなかった
小田原の陣が始まると、各城から軍を集めます。ほとんどが小田原に行くことになり城に残るのは少数の兵。これだけでは戦えないので民衆にも入城してもらって戦ってもらいます。例えば「のぼうの城」で有名な忍城では籠城した侍は37名。足軽が350名ほど、あとは百姓や町人です。小田原城を残して、北条氏の城が次々に陥落したのは守る兵がいなかったことも大きかったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/06/01

戦国武将の手紙を読む

 【書 名】戦国武将の手紙を読む
 【著 者】小和田哲男
 【発行所】中公新書
 【発行日】2010/11/25
 【ISBN 】978-4-12-102084-0
 【価 格】840円

紹介されている書状は武田信玄、北条早雲、浅井長政、森長可、武田勝頼、石田三成、前田利家、長宗我部元親、伊達政宗、徳川家康、明智光秀、上杉謙信、山中幸盛、吉川経家、豊臣秀吉、織田信長、直江兼続、松永久秀、毛利元就。柴田勝家など織田勢に攻められ落城寸前の魚津在城衆十二名連署書状も掲載されています。

「願わくば、我に七難八苦を与えたまえ」と月に祈った山中幸盛(鹿介)。上月城で尼子再興を目指しましたが、落城し捕えられ自身が殺される3日前に書いた書状や秀吉による”鳥取の渇え殺し”により、部下を助けるために切腹する前の吉川経家の書状、小牧・長久手の合戦に家康軍に討ち取られる前の森長可が家族に宛てた書状などが紹介されています。毛利元就の書状は毛利隆元、吉川元春、小早川隆景にあてたもので3兄弟、仲よく力をあわせよという内容。3本の矢の逸話になった書状が紹介されています。

書状そのものが写真で紹介されていますが武田信玄と武田勝頼の花押がほとんどそっくり。勝頼がおそらく信玄の花押をまねたのでしょうが、なんともいじらしいですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »