« 戦国夜話 | トップページ | 幕末維新の不都合な真実 »

2016/05/23

古寺に秘められた日本史の謎

 【書 名】古寺に秘められた日本史の謎
 【著 者】新谷尚紀
 【発行所】洋泉社歴史新書
 【発行日】2016/03/18
 【ISBN 】978-4-8003-0879-5
 【価 格】860円

仏教が伝わった飛鳥時代から近代までお寺を中心に歴史などを解説した一冊です。仏教の公伝は日本書紀に552年と書かれていますが、この年は仏教で末法に入る年になるので、それを想定して書かれたのでしょう。実際は元興寺縁起に書かれている538年が有力視されています。

東大寺はもともと聖武天皇と光明皇后の子供で夭折してしまった皇太子の菩提を弔うために金鐘寺が最初。ところが国分寺を作る時に奈良の金鐘寺が国分寺となり、金光明寺と改称し、これが東大寺になります。特に東大寺は総国分寺になります。東京の浅草寺は意外に歴史が古く、創建は628年で薬師寺創建よりも古くなります。


|

« 戦国夜話 | トップページ | 幕末維新の不都合な真実 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古寺に秘められた日本史の謎:

« 戦国夜話 | トップページ | 幕末維新の不都合な真実 »