« 古代倭王の正体 | トップページ | 戦国の陣形 »

2016/03/11

大阪を古地図で歩く本

 【書 名】大阪を古地図で歩く本
 【著 者】ロム・インターナショナル
 【発行所】KAWADE夢文庫
 【発行日】2016/03/01
 【ISBN 】978-4-309-49938-3
 【価 格】680円

■道修町
薬の町である道修町ですが、もともとは徳川吉宗にちなみます。大阪を訪れた吉宗が病気になった時に服用したのが道修町の薬。そこで道修町にあった124軒の薬問屋を株仲間として特別な免許を与えたことから全国に知られるようになりました。

■土佐藩邸
各藩の藩邸は米をさばくため堂島や中之島に多くありましたが、土佐藩邸だけは離れた立売堀にありました。大坂の陣で壊滅状態になった大坂の復興で材木が必要になります。土佐藩は土佐の材木をせっせと大坂へ送ります。当時、材木市場があったのが立売堀だったため、土佐藩邸も立売堀にありました。材木市場のセリは土佐藩の材木からはじめるのが慣例になったそうです。


|

« 古代倭王の正体 | トップページ | 戦国の陣形 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪を古地図で歩く本:

« 古代倭王の正体 | トップページ | 戦国の陣形 »