« 竹と樹のマンガ文化論 | トップページ | 晩夏に捧ぐ »

2014/12/24

京都の平熱 哲学者の都市案内

 【書 名】京都の平熱 哲学者の都市案内
 【著 者】鷲田清一
 【発行所】講談社学術文庫
 【発行日】2013/04/10
 【ISBN 】978-4-06-292167-1
 【価 格】960円

京都駅から七条通、東大路通、北大路通、千本通を1周するのが206番の市バス。最期まで残った京都市電が同じルートを走っていました。この206番の市バスが通る周辺の様々な情報を紹介しています。学生時代、「河原町のジュリー」が有名でしたが、この人物紹介やら千本日活などなどいろいろな情報が満載。昔、左京は洛陽城、右京は長安城と称されましたが右京は湿地帯で衰退し、左京が栄えたため京都のことを洛中と言うようになります。

206番ですが千本通りを南へ行くと三条通りから斜めに道路(後院通)を通って、四条大宮駅へ抜けますが、市電を通す時に三条の南にあった材木の同業者町が反対したからなんだそうです。これが206番まで引き継がれています。


|

« 竹と樹のマンガ文化論 | トップページ | 晩夏に捧ぐ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都の平熱 哲学者の都市案内:

« 竹と樹のマンガ文化論 | トップページ | 晩夏に捧ぐ »