« ミッションの経営学 | トップページ | 世界の経営学者はいま何を考えているのか »

2014/11/27

ファシリテーション革命

 【書 名】ファシリテーション革命
 【著 者】中野 民夫
 【発行所】岩波アクティヴ新書
 【発行日】2003/04/04
 【ISBN 】4-00-700069-7
 【価 格】740円

副題が「参加型の場づくりの技法」。ワークショップや会議などで進行役となるファシリテーターが重要な役割をはたしますが、アイスブレークなどファシリテーションの技術を中心に書かれています。

会議などでも大いに活用でき、会議の冒頭でまず「チェックイン」。

チェックイン-参加者全員に一言口をきいてもらうことで場を作ります
アジェンダの確認ー事前準備してあれば確認。確定していなければ皆で討議する項目を洗い出し、優先順位を決めて時間配分をします。
自由な討議とタイムキープ
まとめと共有
次のステップを決める-宿題や次回の日程などの確認

|

« ミッションの経営学 | トップページ | 世界の経営学者はいま何を考えているのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ファシリテーション革命:

« ミッションの経営学 | トップページ | 世界の経営学者はいま何を考えているのか »