« 刑務所わず。 塀の中では言えないホントの話 | トップページ | 京都100年企業に学ぶ商いのイロハ »

2014/08/26

書店不屈宣言

 【書 名】書店不屈宣言
 【著 者】田口久美子
 【発行所】筑摩書房
 【発行日】2014/07/10
 【ISBN 】978-4-480-81840-9
 【価 格】1500円

「書店風雲録」、「書店繁盛記」に続く3冊目。著書の田口さんはパートタイマーながら、ジュンク堂池袋本店副店長を務め本販売の最前線にたっています。

個人的にはジュンク堂三宮店をはじめとする書店で本を買い、雑本はkindleで、古書は古本屋さんで買っていて買う量は何十年と変わっていませんが、統計ではずっと右肩下がりの出版業界。1996年、2兆6500億円あった出版物の売上が2013年には1兆6800億円となり、7年間で1兆円も本が売れなくなっています。影響の一つはネット&スマホでしょうね。朝夕の通勤電車の定番と言えば、新聞、雑誌、文庫本が定番でしたが、今やスマホです。

ジュンク堂と言えば天井まで届くような書棚と圧倒的な本の点数ですが、あれってサンパル方式と言うんですね。西宮に1号店ができた後、2号店になったのが三宮サンパルに入ったお店。大型書店だったので図書館のような本屋にしようとあのスタイルになりました。この本はサンパルから隣のダイエーへ移ったジュンク堂で買ってきましたがジュンク堂池袋本店副店長の本でもあり、きちんと面出し陳列されていました。


|

« 刑務所わず。 塀の中では言えないホントの話 | トップページ | 京都100年企業に学ぶ商いのイロハ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23401/60213816

この記事へのトラックバック一覧です: 書店不屈宣言:

« 刑務所わず。 塀の中では言えないホントの話 | トップページ | 京都100年企業に学ぶ商いのイロハ »