« 尾張名所図解謎解き散歩 | トップページ | 北条氏滅亡と秀吉の策謀 »

2013/09/22

新装版 戦国武田の城

 【書 名】新装版 戦国武田の城
 【著 者】中田 正光
 【発行所】洋泉社
 【発行日】2010/5/22
 【ISBN 】978-4-86248-549-6
 【価 格】2200円

副題が「城郭から見た武田三代史」。武田信虎、信玄、勝頼3代にわたる城郭で、馬出しや三日月堀などの武田ならではの城郭作りを各城の歴史と城郭図をもとに解説しています。新装版になっていますが原本は1988年に出たもの。ですので新府城の防衛線として勝頼が能見城などの外郭を築いたとなっていますが、現在では武田の領地をとった家康と北条との戦いで家康が築いたのではというのが定説になっています。

武田信玄の三河の進攻と言えば三方ケ原の戦いが有名ですが、それまでに何度も城をとったりとられたりしていた歴史なども城郭を通じて学べます。


|

« 尾張名所図解謎解き散歩 | トップページ | 北条氏滅亡と秀吉の策謀 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新装版 戦国武田の城:

« 尾張名所図解謎解き散歩 | トップページ | 北条氏滅亡と秀吉の策謀 »