« ロードス書房(三宮)の閉店 | トップページ | 戦国の軍隊 »

2013/09/01

大阪アースダイバー

 【書 名】大阪アースダイバー
 【著 者】中沢新一
 【発行所】講談社
 【発行日】2012/10/10
 【ISBN 】978-4-06-217812-9
 【価 格】1900円

週刊現代に連載された内容をまとめたものです。大阪のアジールについて紹介されていますが、大阪は古代から栄えた町ですので、なかなか複雑、伽耶やらいろいろと入り乱れていたんですね。

天満近くの大川近辺に住んでいたのが新羅系渡来人のツゲ氏。このツゲ氏が平安時代後期に「渡辺」と名前を変えます。摂津の武士団である「渡辺党」は渡来人だったんですね。酒呑童子退治でも活躍しています。豊臣秀吉が大坂築城に当たり替地を命ぜられ大川から移転。この時に坐摩(いかすり)神社も現在の船場中央に移動したそうです。


|

« ロードス書房(三宮)の閉店 | トップページ | 戦国の軍隊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪アースダイバー:

« ロードス書房(三宮)の閉店 | トップページ | 戦国の軍隊 »