« 蔵書の苦しみ | トップページ | 永遠のゼロ »

2013/07/31

津ふるさと学検定テキストBOOK

 【書 名】津ふるさと学検定テキストBOOK
 【著 者】津市観光ボランティアガイド・ネットワーク協議会
 【発行所】一般社団法人津市観光協会
 【発行日】2013/7/15
 【価 格】500円

2013年10月27日(日)に第2回津ふるさと学検定があるそうで、検定対策用のテキストですが津の様々な歴史を学べます。1280項目もありますが、知らないことばかり。オタッキーな問題も多いですね。

徳川四天王と言えばた酒井忠次・本多忠勝・榊原康政・井伊直政ですが、もともとは南北朝時代の武将で足利氏一族である仁木義長が三河、伊賀、伊勢、志摩の守護となり、5代末裔が榊原温泉で有名な榊原に住み着いたそうです。そこで姓を榊原に変更。やがて三河にわたり徳川に仕えたそうです。こんな豆知識が満載の本です。

|

« 蔵書の苦しみ | トップページ | 永遠のゼロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23401/57902570

この記事へのトラックバック一覧です: 津ふるさと学検定テキストBOOK:

« 蔵書の苦しみ | トップページ | 永遠のゼロ »