« 江戸の城づくり | トップページ | 図解で身につく!ドラッカーの理論 »

2012/11/10

地図から読む歴史

 【書 名】地図から読む歴史
 【著 者】足利 健亮
 【発行所】講談社学術文庫
 【発行日】2012/04/10
 【ISBN 】978-4-06-292108-4
 【価 格】960円

地図の中に様々な歴史が残っています。それを暴き出すのが歴史地理学。地図からいろいろな発見があります。

平安京を作る時に考えられたのが都を守る四神「玄武(山)・朱雀(池沼)・青龍(川)・白虎(大道)」です。従来から玄武は船岡山、青龍が鴨川、白虎は山陽道、朱雀は巨椋池と言われています。ちょうど歴史地理学の本を読んでいると、この四神について面白いことが書いてありました。

朱雀(船岡山)からまっすぐ内裏を通って朱雀大路が通っていますが、ここから等間隔で西堀川と東堀川があります。この西堀川と東堀川の間隔をそのまま東に伸ばすと鴨川になります。地図や等高線を調べると、どうも西側の等距離にも道と川があったことが判明。

これが木嶋大路で一番北に蚕ノ社があります。現在、この道はありませんが大路と御室川が流れていたようです。それぞれの間隔がちょうど588丈。1丈は今の約3メートルです。当時1里は180丈でした。これを10倍すると1800丈。

            船岡山
            内裏

木嶋大路  西堀川    東堀川   鴨川
 588丈--+-588丈-+--588丈

1800丈-18丈×2=588丈×3 となり18丈は約60メートルですので鴨川の幅と木嶋大路の広さだったようです。

つまり西の白虎は山陽道などではなく都に平行して南北に走っていた今は失われてしまった木嶋大路だはないかという説です。また朱雀も巨椋池ではなく、羅城門からちょうど10里行ったところに横大路朱雀という字名が残っているそうで、ここに人工池が作られていたのではという説です。

|

« 江戸の城づくり | トップページ | 図解で身につく!ドラッカーの理論 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23401/56085815

この記事へのトラックバック一覧です: 地図から読む歴史:

« 江戸の城づくり | トップページ | 図解で身につく!ドラッカーの理論 »