« なぜこの店で買ってしまうのか | トップページ | 「超」入門 失敗の本質 »

2012/06/23

処方せん的読書術

 【書 名】処方せん的読書術
 【著 者】奥野 宣之
 【発行所】角川oneテーマ21
 【発行日】2012/5/10
 【ISBN 】978-4-04-110237-4
 【価 格】724円

鎮静剤(不安をしずめる読書)代わりになる本、他にも気付け薬(前向きな気持ちを起こす読書)、栄養剤(折れない心を作るための読書)などなど一風変わった読書術の本です。

栄養剤の中に紹介されているアイザック・ニュートンの逸話はすごいですね。書斎に戻ると自分が長年書いてきた研究論文が暖炉の中の灰になっているのを発見。やったのは愛犬でした。怒りもせず、犬に「おまえは悪気があってやったわけではないよな」と言ってから、仕事をやり直すために机に向かいました。今ならパソコンのデータがなくなったようなもの、今できるベストのことにすぐ着手できるのはすごいですね。

|

« なぜこの店で買ってしまうのか | トップページ | 「超」入門 失敗の本質 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 処方せん的読書術:

« なぜこの店で買ってしまうのか | トップページ | 「超」入門 失敗の本質 »