« わずか五千石、小さな大大名の遣り繰り算段 | トップページ | ビジネスマンのための「行動観察」入門 »

2012/01/14

現役機長が答える飛行機の大謎・小謎

 【書 名】現役機長が答える飛行機の大謎・小謎
 【著 者】坂井優基
 【発行所】講談社アルファ文庫
 【発行日】2011/12/20
 【ISBN 】978-4-06-281434-8
 【価 格】600円

飛行機のいろいろな謎について現役機長が答えた本です。いろいろと知らない話が満載です。例えば飛行機の着陸でドシーンと降りられると下手くそなパイロットだなと思うのですが、気象条件が悪く滑走路が滑りやすい時はドシーンと着陸してコンピュータに飛行機が地上に着いたと認識させないとブレーキも逆噴射もかからなくなっているそうです。

大気汚染の話も出てきます。1980年頃、高度3万9千フィートになると空の色が水色ではなく群青色で宇宙に近づいたと実感できたそうですが、今では水色のまま。日本の上空もジェット気流の流れが変わり揺れが大きくなっているそうです。

|

« わずか五千石、小さな大大名の遣り繰り算段 | トップページ | ビジネスマンのための「行動観察」入門 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現役機長が答える飛行機の大謎・小謎:

« わずか五千石、小さな大大名の遣り繰り算段 | トップページ | ビジネスマンのための「行動観察」入門 »