« 怒れ、消費者 | トップページ | 島田紳助の話し方はなぜ9割の人を動かすのか »

2010/09/17

奥州藤原王朝の謎

 【書 名】奥州藤原王朝の謎
 【著 者】中江 克己
 【発行所】河出書房新社
 【発行日】1993/7/26
 【ISBN 】4-309-47253-2
 【価 格】540円

平泉を中心に反映した藤原4代の歴史をまとめたもの。祖となったのは前九年の役で敗れて殺された藤原経清。平将門を破った藤原秀郷の後裔と言われています。西行が2度、平泉を訪れていますが西行はもともと北面の武士で、先祖は藤原秀郷。そんな縁があったんですね。

平泉で有名なのが義経ですが、義経のお母さんである常磐御前が再婚したのが藤原長成で、しばらく長成に養われた後、鞍馬寺に預けられました。陸奥守がこの長成の親戚で、この親戚の娘が藤原秀衡の妻になっていました。ですので秀衡と義経は遠い親戚だったんですね。

|

« 怒れ、消費者 | トップページ | 島田紳助の話し方はなぜ9割の人を動かすのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥州藤原王朝の謎:

« 怒れ、消費者 | トップページ | 島田紳助の話し方はなぜ9割の人を動かすのか »