« 大坂の陣 | トップページ | 怒れ、消費者 »

2010/08/21

頭がいい人、悪い人の話し方

 【書 名】頭がいい人、悪い人の話し方
 【著 者】樋口 裕一
 【発行所】PHP新書
 【発行日】2004/9/21
 【ISBN 】4-569-63545-8
 【価 格】714円

知的生産の技術研究会が出している会報に丸の内丸善で行われた「知の現場」出版記念トークが掲載されていました。トークによると著者の樋口氏は久恒理事長の幼馴染だったんですねえ。

さて本の内容ですが会社での想定になっており、まずはどんな話し方なのかの紹介と周囲の人の対策、自覚するためのワンポイントが載っています。特に困った話し方をする人物が上司だった場合の対応が難しいのですがワンポイントアドバイスが載っています。

「難解なことを言って煙に巻く」という事例が掲載されており、実はこの事例に先日出会ったばかりです。ベンチャー企業の社長ですが理解できないのは理解できない方がおかしいという態度でした。専門家であればあるほど一般の人が分かるように噛み砕いて説明しないといけません。特に資金面では、資金の出し手である技術的素人に分かりやすく説明できるかで調達が決定しますのでなおさらです。

人のことばかりでなく自分でも知らない間に同じような話し方になっていないかチェックが必要です。

|

« 大坂の陣 | トップページ | 怒れ、消費者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 頭がいい人、悪い人の話し方:

« 大坂の陣 | トップページ | 怒れ、消費者 »