« 大阪人、地球に迷う | トップページ | のんびり山陰本線で行こう! »

2008/09/04

名作コピーに学ぶ読ませる文章の書き方

 【書 名】名作コピーに学ぶ読ませる文章の書き方
 【著 者】鈴木 康之
 【発行所】日経ビジネス人文庫
 【発行日】2008/07/01
 【ISBN 】978-4-532-19449-9
 【価 格】667円

最初に詩人アンドレ・ブルトンの話がのっています。

街角に黒メガネをかけた物乞いがいて、首に「私は目が見えません」と書いた札を下げていました。施しを受けるためのお椀がありましたが、中にはほどんどはいっていませんでした。

ブルトンは札の言葉を変えてみたらと話しかけ、ブルトンが書き換えたところ、通行人が次々に声をかけコインを入れてくれるようになりました。ブルトンが書いた言葉は「春はまもなくやってきます。でも、私はそれを見ることができません」でした。

実例をもとにいろいろな名作コピーが紹介されています。

|

« 大阪人、地球に迷う | トップページ | のんびり山陰本線で行こう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名作コピーに学ぶ読ませる文章の書き方:

« 大阪人、地球に迷う | トップページ | のんびり山陰本線で行こう! »