« 織田信長と戦国武将 天下取りの極意 | トップページ | 神社仏閣に隠された古代史の謎 »

2008/06/07

災いの古書

 【書 名】災いの古書
 【著 者】ジョン・ダニング
 【発行所】早川書房
 【発行日】2007/7/20
 【ISBN 】978-4-15-170409-3
 【価 格】900円

「死の蔵書」、「幻の特装本」、「失われし書庫」に続く元警官で古書店主となったクリフが主人公のミステリーです。毎回、古書がまつわる殺人事件が発生し、楽しめます。今回は署名本にまつわる話ですが、途中で古書フェアのシーンが出てきます。

会場のオープン前にディーラー間で取引が始まります。最初、600ドルでディーラーから出された本が別のディーラーに買われまた別のディーラーへと次々と本が転売され、オープン前に10倍の6000ドルになってしまいました。開場前にずらっと並ぶのはアメリカも日本も同じですね。

|

« 織田信長と戦国武将 天下取りの極意 | トップページ | 神社仏閣に隠された古代史の謎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 災いの古書:

« 織田信長と戦国武将 天下取りの極意 | トップページ | 神社仏閣に隠された古代史の謎 »