« お金は銀行に預けるな | トップページ | なぜ、江戸の庶民は時間に正確だったのか? »

2008/04/18

鉄道地図は謎だらけ

 【書 名】鉄道地図は謎だらけ
 【著 書】所澤 秀樹
 【発行所】光文社新書
 【発行日】2008/3/20
 【ISBN 】978-4-334-03447-4
 【価 格】780円

近鉄・生駒駅から単線でJR王子駅に向かう路線があります。不思議なのは、ここからまた近鉄・田原本駅に向かって単線が出ているのですが同じ近鉄なのに連結されていません。

大正時代、王子駅から田原本駅を結んでいた田原本線は大和鉄道が経営していてJR関西本線のような位置づけでした。生駒駅と王子駅を結ぶ線は京阪系の会社が経営しており、これが両方とも今の近鉄に買収されることに。それでややこしいことになったんですね。

■3つの軌道を眺められる踏切
三重県には現役で走る軽便鉄道が3路線ありますが、日本で唯一、標準軌、狭軌、ナローゲージの3つを眺められる踏切があります。桑名駅近くにある小さな踏切で、一度通ったことがありますが、そんなにすごい場所だったんですね。

■共同使用駅
JR東海と近鉄は張り合っていますが、桑名、津、松阪、伊勢は共同使用駅になっています。あたりまえだと思っていたんですが、けっこう珍しいことなんですね。

|

« お金は銀行に預けるな | トップページ | なぜ、江戸の庶民は時間に正確だったのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道地図は謎だらけ:

« お金は銀行に預けるな | トップページ | なぜ、江戸の庶民は時間に正確だったのか? »