« 鈴木敏文 経営の不易 | トップページ | 本棚探偵の回想 »

2007/12/01

ジャーナリスト漱石発言集

 【書 名】ジャーナリスト漱石発言集
 【著 者】牧村健一郎
 【発行所】朝日文庫
 【発行日】2007/11/30
 【ISBN 】978-4-02-264422-0
 【価 格】660円

夏目漱石が留学でロンドンへ着いたのが1900年10月末、また朝日新聞に入社したのが、ちょうど100年ほど前の2006年、漱石40歳の時です。

この頃に書かれた文章や講演の発言集などを集めたものですが、漱石の小説とは違った漱石と出会えます。

雑誌「太陽」が行った名家投票(一般投票)に関する批判や文学博士辞退などいろいろと騒動を巻き起こしていますが、首尾一貫、序列など簡単につけられるものではないという考えだったんですね。また博士といっても専門性が進みすぎて、広くいろいろな教養を身につけた人物が博士というわけではないと看過しています。

後ろには講演録が載っていますが、テープレコーダーもない時代ですので、速記して原稿にしたんでしょうね。導入部もなかなか見事でうまく聴衆をひきつけています。和歌山でも講演をして和歌の浦に泊まっていますが、当時、東洋第一海抜二百尺と書いたエレベータが山の上まで通じていたんですね。

新刊なんですが、大阪駅前第4ビル地下にある汎書店の書棚にありました。ラッキーでしたね。

|

« 鈴木敏文 経営の不易 | トップページ | 本棚探偵の回想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャーナリスト漱石発言集:

« 鈴木敏文 経営の不易 | トップページ | 本棚探偵の回想 »