« 古本蘊蓄 | トップページ | 第31回 秋の古本まつり(京都) »

2007/10/23

勝谷誠彦の知られてたまるか!

 【書 名】勝谷誠彦の知られてたまるか!
 【著 者】勝谷誠彦とムーブ
 【発行所】西日本出版社
 【発行日】2007/10/2
 【ISBN 】978-4-901908-32-0
 【価 格】1200円

大阪のお店の料理などを紹介した本ですが、けっこう変わっています。

大阪の朝日放送に「ムーブ」という番組があり、レギュラーコーナーに勝谷誠彦氏の「知られてたまるか」というコーナーがあります。勝谷誠彦氏と朝日放送のアナウンサーがお店を食べ歩きする番組なんですが、店名などはいっさい言わず、行きたければ視聴者自らが探しなさいになっています。

テレビで放映すると、それを見た視聴者が店に殺到し、常連客が入れなくなります。テレビで見た層は去っていくのも早く、常連客が戻ってくれるとは限りません。そこで本気で探すような客なら新たな常連客になってくれるだろうというコンセプトで始まったコーナーです。

そのコンセプトそのままに本が作られていて、番組で取り上げた51店が紹介されていますが、場所も店名も分かりません。最後に袋とじがあり、これを破らないと分からない仕掛けになっています。

番組は見ていないのですが勝谷誠彦氏とアナウンサーとの掛け合い漫才みたいな会話が面白いですね。最後は毎回、水戸黄門のように「探せるものなら、探してみい」で終わっています。

|

« 古本蘊蓄 | トップページ | 第31回 秋の古本まつり(京都) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勝谷誠彦の知られてたまるか!:

« 古本蘊蓄 | トップページ | 第31回 秋の古本まつり(京都) »