« ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する | トップページ | 論語 珠玉の三十章 »

2007/07/01

フューチャリスト宣言

 【書 名】フューチャリスト宣言
 【著 者】梅田望夫、茂木健一郎
 【発行所】ちくま新書
 【発行日】2007/5/10
 【ISBN 】978-4-480-06361-8
 【価 格】700円



これからの個人と組織の関係について面白いことが書かれています。

僕はこれからの時代における個人と組織の関係は、所属というメタファーではなくてアフィリエイト(連携)というメタファーでとらえるべきだと思っています。

個人の情報発信力が増えている中で確かにそうですね。もらった名刺にブログのURLがあれば見ますし。会う前に名前をGoogleに入れて検索し、事前情報を得たりもしています。"どこそこの誰"という形で個人認証をしなくても個人が情報発信できる時代ですので、ますます個人としてのプレゼンスが高まっています。

つまり検索結果で何も出てこないとネットでの知名度はないことになります。

巻末に茂木健一郎氏が大学で行った特別授業が掲載されていますが、アメリカの大学教授の雇用期間は1年ではなく10ケ月の雇用期間しかなく、あとの2ケ月は大学と関係ない仕事をするそうです。日本の所属を前提とするような雇用形態とはかなり異なっているんですね。

|

« ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する | トップページ | 論語 珠玉の三十章 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フューチャリスト宣言:

« ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する | トップページ | 論語 珠玉の三十章 »