« 戦国時代の大誤解 | トップページ | 古戦場 敗者の道を歩く »

2007/04/26

鉄道に学ぶタイム・マネジメント

 【書 名】鉄道に学ぶタイム・マネジメント
 【著 者】野村正樹
 【発行所】講談社アルファ文庫
 【発行日】2007/3/20
 【ISBN 】978-4-06-281099-9
 【価 格】648円



知的生産の技術研究会・関西で毎年、講演したいただく作家の野村正樹さんの本です。2006年8月には「ビジネス脳を鍛える電車力トレーニング」というタイトルで鉄道を使った脳トレについてお話いただきました。この本は鉄道を題材にビジネスマンの生き方や時間活用術を述べた本です。

■浜松 遠州鉄道
1時間に1本というローカル線が多い中、パターンダイヤを採用しています。単線なんですが、いろいろと工夫して標準化、パターン化して毎時、0、12、24、36、48分と12分ごとに1時間5本を走らせています。

■単線と複線の違い
単線と複線では輸送効率は2倍ではなく6倍違うそうです。単線の場合、工夫しても遠州鉄道のように1時間5本が限界です。複線にするとラッシュアワーには2分感覚で運転することができ、1時間に30本。つまり6倍になります。ここから複線型人生をすすめる話へ

→ 『鉄道に学ぶタイム・マネジメント』

|

« 戦国時代の大誤解 | トップページ | 古戦場 敗者の道を歩く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道に学ぶタイム・マネジメント:

» 『鉄道ダイヤに学ぶタイム・マネジメント』読了 [マムやんの不定期便]
 野村正樹著『鉄道ダイヤに学ぶタイム・マネジメント』を読み終わった。  鉄道の運 [続きを読む]

受信: 2007/05/20 21:33

« 戦国時代の大誤解 | トップページ | 古戦場 敗者の道を歩く »