« 赤尾照文堂 | トップページ | 「へんな会社」のつくり方 »

2006/05/03

古書大即売会でゲット!

春の古書大即売会
京阪三条から白川沿いに岡崎まで歩き、京都市勧業館(みやこめっせ)へ

「春の古書大即売会」(主催:京都古書研究会)です。

入口で荷物を預け、黄色いカゴを受け取って、いざ会場へ

今日(5/3)はちょうど開催日の中日のせいか、人が多いですね。棚と棚との間を通るだけでも大変です。

今回は出店数が多く、端から端までじっくり見ていると、とてもじゃないですが時間が足りません。というわけでざっと見ていくことに。特に探求書はありませんでしたが、それでも面白そうな本を7冊ほどゲット。

古書即売会といえば通常はおじさんばっかりなのですが、そこは京都らしく学生が多いですね。あと女性も多く、また浮世絵や画集などを外国人があさっているのも京都らしいですね。

さて会場をだいぶ歩きましたので、最後に会計を

隣のレジでは画集などをカゴ一杯30冊ほど買い込んでいる御仁がいました。
もちろん持って帰れませんので、送る手配をしていましたが、いいなあ、あんなに買える資力があって。うらやましい。

|

« 赤尾照文堂 | トップページ | 「へんな会社」のつくり方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古書大即売会でゲット!:

« 赤尾照文堂 | トップページ | 「へんな会社」のつくり方 »