« 日本列島データマップ2006年版 | トップページ | 商家の家訓 »

2006/01/04

SEのふしぎな生態

 【書 名】SEのふしぎな生態
 【著 者】きたみりゅうじ
 【発行所】幻冬舎文庫
 【発行日】2005/12/10
 【ISBN 】4-344-40725-3
 【価 格】571円



技術評論社から単行本で出ていたのが文庫本になりました。副題は『失敗談から学ぶ成功のための30ケ条』です。

SE(システムエンジニア)と聞くとなんかすごく高度なことをやっているイメージがあるのですが、実際の現場はそんなものではありません。

客先の言葉を鵜呑みにして実現困難なシステム仕様書を作ろうとする若いSE、ホウレンソウを守らないプログラマなど私もいろいろと遭遇しました。

この本にも出てきますがシステム開発で金をもらっている限りはプロです。アマチュアなら、すごい技術のプログラミングに挑戦したり、いろいろと楽しめばいいのですがプロである以上、納期を守り、仕様を守り、バグを出さないことがまず基本です。つまりなるべく枯れた実績のある技術で工程管理をしっかり行い、ドキュメントを残しながら進めていくのがプロの仕事になります。

本にはいろいろなエピソードが出ていますが、誇張でもなんでもなくプロとアマの違いもわかっていないとんでもないのがいます。

実際、テストをこの期間でやってくださいと頼み、そのままにしていたら期間が過ぎても報告はなし。テストはどうなった?と聞いたらいろいろと言い訳をするのですが、結局は何もやっていなかったことが判明したことがありました。その尻拭いをするために悲惨な目にあいました。

効果的に味のある4コマ漫画が描かれ、業界以外の人も楽しめます。

→ SEのふしぎな生態

|

« 日本列島データマップ2006年版 | トップページ | 商家の家訓 »

コメント

SEとPGはなぜ差別されているのですか?SEはPGよりえらいですか?!!

投稿: kaka | 2008/05/26 16:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SEのふしぎな生態:

« 日本列島データマップ2006年版 | トップページ | 商家の家訓 »