« 危ない会社の見分け方 | トップページ | 森本哲郎 世界への旅  »

2005/10/31

私がマイクロソフトで学んだこと

 【書 名】私がマイクロソフトで学んだこと
 【著 者】ジュリー・ビック
 【発行所】アスキー出版局
 【発行日】1997/10/11
 【ISBN 】4-7561-1441-5
 【価 格】1600円



この手の本としては「ディズニー7つの法則」(日経BP社)が分かりやすさでは一番ですね。ですが、マイクロソフトの企業文化を知るには最良の一冊です。

なぜ今までの戦略が失敗したと感じたとたんに全社の方向性をインターネット戦略に短期間で変更できるのか?なぜ、皆、ハードに働くのかなど日頃マイクロソフトを見ていて疑問に湧くことの答えがこの本にあります。それにしても根回しの大切さなどが書いてあるとまるで日本の企業のようです。

■失敗をおそれない
失敗したやつをクビにすることは、経験の価値を無にするに等しい

■マイクロソフトの社員
守衛が、本社キャンパス内のバレーコートでバレーボールをしていた社員でない二人の不法侵入者を発見し、敷地を出るよう勧告した。

守衛の同僚が、「あの二人がなぜマイクロソフト社員じゃないと分かったのかい?」
「やつら日焼けしていたんだ」
というほど皆さんハードワーカです。


|

« 危ない会社の見分け方 | トップページ | 森本哲郎 世界への旅  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私がマイクロソフトで学んだこと:

« 危ない会社の見分け方 | トップページ | 森本哲郎 世界への旅  »