« 関西人の正体 | トップページ | ジュンク堂 名古屋店 »

2005/05/31

最新大阪ものしり事典

 【書 名】最新大阪ものしり事典
 【著 者】創元社編集部・編
 【発行所】創元社
 【発行日】1994/3/20
 【ISBN 】4-422-02205-9
 【価 格】1200円



■みおつくし
大阪のシンボルといえば「みおつくし」です。古代の大阪港は芦の茂る低湿地帯で、細い水路を進むことになります。これが迷路のようになっていました。この水路のことを水脈(みお)と言っていました。

通路の標識として串のように木を組み合わせたものを立てていました。「水脈の串」でこれが「みおつくし」です。「つ」というのは「の」の古語なんだそうで、「沖の白波」を「沖つ白波」というのと同じです。

「みおつくし」の一般的な感じとしては「澪標」が使われています。万葉集や古事記にも出てくる古い言葉です。

■遠里小野(おりおの)
難読地名で有名ですが、昔は「とおさとおの」と読んでいたんですね。万葉集に「住吉の遠里小野(とおさとおの)の...」という歌があります。

■暗峠(くらがりとうげ)
大阪と奈良の境で、国道308号線が通っていますが、車は通行止めの国道です。枚岡公園から生駒山へ登るハイキングコースにもなっていて、峠には石畳が残っています。神宮皇后がこの峠の手前で一泊し、鶏の声で朝出発しましたが峠に来ても、暗かったので暗峠となったと伝説があるそうです。

■千趣会
無店舗販売で有名ですが、もともとは職場のOL向けコケシの頒布会だったんですね。「こけし千体趣味募集の会」で略して千趣会になったそうで。「へぇ〜。」

|

« 関西人の正体 | トップページ | ジュンク堂 名古屋店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最新大阪ものしり事典:

« 関西人の正体 | トップページ | ジュンク堂 名古屋店 »