« 春の古書市(京都) | トップページ | 京都人だけが知っている »

2005/05/06

「超」納税法

 【書 名】「超」納税法
 【著 者】野口悠紀雄
 【発行所】新潮文庫
 【発行日】2004/9/1
 【ISBN 】4-10-125625-X
 【価 格】514円



週刊新潮に連載された原稿を本にまとめたものです。目から鱗の話が多いですね。

法人や個人事業主ですと税金を自分で納めないといけませんので、どうしても関心が高くなりますが源泉徴収されているサラリーマンでは納税意識が希薄になります。ところが日本の税制はいびつな形になっており、知っている知っていないではサラリーマンでも大いに納税額が違ってくることが分かりやすく解説されています。最後には究極の方法も掲載されています。

それにしてもシャウプ勧告といえば日本の戦後の税制を決定づけたという印象が強いのですが、どうも振り付けは当時の大蔵官僚ではないかという説が掲載されています。なるほど言われてみればそんなに導入されたのも変な話ですね。

あと給与所得控除は恵まれすぎているなど、私もサラリーマンを辞めて、自営業者になるまで給与所得控除がいかにお得だったか気がつきませんでした。

「男はつらいよ」でたこ社長は給与所得者になっているはずだという話から、これは給与所得控除が得なので、中小企業では役員報酬の形として出しているからです。ひいては日本の赤字法人が多い理由にもなっていると問題点が分かりやすく指摘されています。

文庫本なのですが、巻末にはきっちり索引まで完備されているほんです。中の構成もよく考えられた本ですね。

|

« 春の古書市(京都) | トップページ | 京都人だけが知っている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「超」納税法:

» 税金の本当の姿! [普通のサラリーマンがゆっくり豊かになれる、成功に効く読書。知識を取り込み、実践して知恵にしていきます。]
「超」納税法 The super methods of tax-paying野口 悠紀雄新潮社 2003-01-23売り上げランキング : 118,128おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 10年以上まえのベストセラー「超整理法」(知ってます?)で有 名になった経済学者。 もともと税金などの... [続きを読む]

受信: 2005/06/11 22:12

« 春の古書市(京都) | トップページ | 京都人だけが知っている »