« ワーグマン日本素描集 | トップページ | わたしの大阪 »

2005/04/20

東南アジアの屋台がうまい

 【書 名】東南アジアの屋台がうまい
 【著 者】長崎 快宏
 【発行所】PHP文庫
 【発行日】1996/7/15
 【ISBN 】4-569-56914-5
 【価 格】580円



1週間ほど前、タイにいますと著者の長崎さんからメールが届いていましたが、今頃はタイの屋台をまた回っていることでしょう。

本では香港、台湾、タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシアの屋台が紀行文とともに紹介されています。

それにしてもなんで屋台で食べるとあんなにうまいんでしょう。飲んだ帰りにラーメンの屋台があると、やっぱり寄りたくなりますね。

シンガポールにはマーライオン近くにサテークラブというマレー風ヤキトリを食べさせる屋台村がありました。最初に行ったのは今から20年以上も前ですね。

丁度ヨーロッパから南回りで着いた翌日に行きました。席に座ると「ヤキソバ?」「ヤキトリ?」とか聞いてくるので「エー、日本のヤキソバが食えるんかいな」と注文したところ、まあそれらしきものではありましたが、サテー(マレーの串焼)やホッケンミーでした。(おいしかったけど)

10年ほど前に行った時は新しくできたニュートンサーカスにも行きましたが、やっぱりサテークラブのようの落ち着いている雰囲気がいいですね。再開発で無くなってしまったのは残念です。

そうそうニュートンサーカスでドリアンを頼んでうまそうに食べていたら、こいつ人間じゃねえぞというような目で見られました。

サテークラブですがビールはもちろん地元のタイガービールで銘柄指定しないとすぐ高いキリンビールを持ってきていました。

大阪では屋台で見るのはラーメン屋ぐらいですね。焼きイモ屋もライトバンだし、やっぱり堤灯がついているような屋台が風情があっていいですね。

「おっちゃん、寒いなあ。酒とソバね!」
「ほい、まいど。今日も冷えまんな 今用意するよって」 

....二八ソバも遠くなりにけり

東南アジアと全然違う話になってしまいましたが(笑)


|

« ワーグマン日本素描集 | トップページ | わたしの大阪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東南アジアの屋台がうまい:

» 屋台はウマイ [間欠旅の効用]
料理は1リンギットから高くても4リンギット 日本円で30円から120ですね 日本との物価にかなりの格差があります それにしても安すぎる・・ ハワイで食べた$60(約6千円)のステーキより、マレーの30円のサテー(日本で言う焼き鳥)の方が 何倍ウマイ事か... [続きを読む]

受信: 2005/06/06 17:39

« ワーグマン日本素描集 | トップページ | わたしの大阪 »