« 辞書漫歩 | トップページ | 春の古書大即売会(京都) 5/1-5 »

2005/04/18

ベンチャー失敗の法則

 【書 名】ベンチャー失敗の法則
 【著 者】吉田雅紀
 【発行所】国際通信社
 【発行日】2002/9/5
 【ISBN 】4-434-01980-5
 【価 格】1200円



各都道府県と政令指定都市に中小企業支援センターがありますが大阪市中小企業支援センターは堺筋本町の大阪産業創造館にあり「あきない・えーど」という名前がついています

ここの元プロジェクトマネージャが著者の吉田さんです。大阪市の場合は、なかなか面白く、全面的に民間に委託しています。

大阪市の職員が中小企業支援をやっても全戦全敗なので、今度から職員はフロントに徹する。監督は吉田さんにまかせるので、選手は好きなところか

ら連れてきてください。ただプロにまかせるので、試合には勝ってくださいねと頼まれたそうです。

自身もベンチャーを起こされて、結局は失敗しちゃいましたが、その経験なども生かして、支援をされています。

■起業家にとって必要なのはネットワーク
支援してくれる人が最低300名は必要。無ければまずそのネットワークつくりから

■どんどん売って、どんどん利益を上げろ
売上と利益は反比例 回転率が上がると粗利益率は下がる量を販売すると、相手は値引きを要求

■リスク
ペリル(直接原因)とハザード(間接的要因)がある

飛行機の墜落 
 ・ペリル 整備不良、操縦ミス、接触、ハイジャック 
 ・ハザード 教育、モラル、人手不足、判断の誤り

ベンチャー
 ・ペリル 資金ショート
 ・肉体的ハザード 健康(精神的ストレスにも耐えられる)
 ・モラール(士気)ハザード リーダシップ 向かうべき未来を熱く語り、その方針を明らかに
 ・モラル(道徳的)ハザード 競合 常に情報収集、代替プラン
 ・ヒューマンエラーハザード 無知ではダメ 財務、法務、許認可など

■行動を起こす時 MUST→CAN→WANTで考える
 ベンチャー   WANTから考える

 何がやりたいか やるためにはできる力がいるがどう手に入れるか
 スタートしたら皆の期待に答えねばでMUSTになる

著者の吉田さんには2月に知的生産の技術研究会・関西で「アントレプレナー・シップとベンチャー失敗の法則」というタイトルで講演いただきました。

|

« 辞書漫歩 | トップページ | 春の古書大即売会(京都) 5/1-5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベンチャー失敗の法則:

« 辞書漫歩 | トップページ | 春の古書大即売会(京都) 5/1-5 »