2020/09/17

女たちの本能寺

 【書 名】女たちの本能寺
 【著 者】楠戸義昭
 【発行所】祥伝社新書
 【発行日】2020/09/10
 【ISBN 】978-4-396-11610-1
 【価 格】860円


■濃姫
「麒麟がくる」で濃姫は土岐頼純と結婚していたが齋藤道三に殺されたため信長と再婚したと描かれていましたが、寛永諸家系図伝などに、どの齋藤家の系図に出てこない道三の娘がいて土岐頼純夫人で濃姫とみられています。濃姫が鷺山殿と呼ばれるのは土岐氏に嫁いでいたからと考えられます。


齋藤道三は信長に美濃を譲ると遺言しますが、これは京都の妙覚寺に入れた末っ子の勘九郎に託しました。妙覚寺は道三の父親である長井新左衛門が出家した寺で、勘九郎が上人になった時に妙覚寺を優遇し宿として18回、使っています。


■妻木煕子
明智光秀の室です。齋藤龍興の攻撃で明智城を追われた光秀一行は丸岡町の長崎称念寺に落ち延びます。光秀の母の侍女の叔母が称念寺の庵主だったようで、門前に住んでいたようです。細川藤孝に仕えましたが、わずか80石で、すぐに信長に乗り換えたという説があります。また近くに朝倉義景の家臣が住んでおり、知り合いになった頃に加賀の郷民の一揆があり参陣。鉄砲で敵を討ち果たす成果から朝倉義景の感状をもらい仕えるようになったようです。


愛宕山での光秀の発句「ときは今天が下しる五月哉」は有名ですが百番目の結びの句は明智光慶(息子)の「国々は猶のどかなるころ」です。


■御妻木
齋藤利三の兄が幕府奉行衆・石谷光政の養子
長曾我部元親の妻が石谷光政の娘
齋藤利三の妹婿は土佐に下向していた幕府政所執事・蜷川親長で元親の相談役


ところが信長は信孝を三好康長の養子として讃岐を信孝、阿波を康長に任せ伊予・土佐は信長が後で決めると方針転換
本能寺の変の要因となります。


■お鍋の方
生まれたのは近江八幡の小田城。高畠新二郎の娘で本家の小倉賢治に嫁ぎます。夫が浅井方に味方したことから六角氏配下の蒲生賢秀に攻められ夫は切腹、二人の息子は日野城に連れていかれます。この時に頼ったのが信長です。信長が桶狭間の合戦以前に将軍・足利義輝に謁見しますが、通ったのが伊勢から八風街道を超える道で助けたのが小倉賢治でした。やがて信長が足利義昭を奉じて上洛する時、六角氏を追い出し日野城を開城させ二人の息子を助けます。本能寺の変で息子の一人が森蘭丸らとともに亡くなっています。


小田城は安土城の近くでしたが小田神社があり楼門が高く馬でも通れるので気に行った信長が安土城へ移すと言い出します。そこでお鍋の方や氏子は楼門の周囲に1メートルもの土を持ってかさ上げしました。昭和16年に楼門の修理が行われ発見されました。


信長と秀吉に仕えた後、北政所の侍女になっていたようで醍醐の花見に参加しています。同じように侍女として参加していたのが「のぼうの城」で有名な忍城の甲斐姫のようです。

| | コメント (0)

2020/09/15

不道徳な経済学

 【書 名】不道徳な経済学
 【著 者】ウォルター・ブロック 橘玲(訳)
 【発行所】ハヤカワ文庫
 【発行日】2020/01/25
 【ISBN 】978-4-15-050553-0
 【価 格】960円


「転売を不道徳だと批判しても意味がない」と帯にあり、経済学から見るとどうなるかについて書かれています。元本は1976年に書かれたものです。


■代表的な政治的立場
功利主義     ー 最大多数の最大幸福
共同体主義    - 保守主義 伝統、文化、美徳に高い価値をおく
リベラリズム   - 自由主義 人権を守り、平等な世の中を目指す
           「ひとは自由に生きるのがすばらしい。しかし平等も大事だ」
リバタリアニズム - 自由主義 機会の平等は重視するが結果の平等は否定
           「ひとは自由に生きるのがすばらしい。」


■アダム・スミス
誰もが自由に生きれば、市場の”見えざる手によってすべてのひとが幸福になるであろう」
そのために必要なルール
1.事故少輔と私有財産の権利は不可侵である(自己所有権、私有財産権)
2.正当な所有者の合意を得ずに財産を取得することはできない(暴力の禁止)
3.正当な所有者との合意によって取得した財産は正当な私有財産である(交換と譲渡のルール)


■チンパンジーの実験 自由、平等、共同体
・順位が下の猿がエサを持っている時、上位のサルは横取りせず分け前をねだる
・二匹のチンパンジーを窓ガラスで区切り、途中で片方のエサをキュウリからブドウに変えると、キュウリをずっともらっているチンパンジーが怒り出す。相手が自分より優遇されていることが許せない。
・二匹のチンパンジーにエサを与えて取り合いをさせているうちに、一方がエサに手を出さなくなる。序列ができる。


■サイファーパンク Cypherpunk
ティシモー・メイ、ジョン・ギルモア、エリック・ヒューズのリバタリアンが設立。
自由な世界を実現するには「安全な暗号通貨」「ウェブを匿名で閲覧することを可能にするツール」「追跡されることなくあらゆるものを売買できる規制のない市場」「匿名の内部告発システム」が必要と考え、PGP、ブロックチェーン、Tor、シルクロード、ウィキリークスとして実現していく


■交換
専門家や分業が可能になる


■シニョレッジ(通貨発行益)
紙切れと商品を交換できるような恩恵がえられるのは基軸通貨
輸入のために支払った米ドルがそのまま海外に滞留するが、円は基軸通貨でないので大半が米ドルや現地通貨に交換され、円は通貨のまま日本に戻り円安とインフレを引き起こす。

| | コメント (0)

2020/09/13

日本史の定説を疑う

 【書 名】日本史の定説を疑う
 【著 者】本郷和人、井沢元彦
 【発行所】宝島社新書
 【発行日】2020/07/09
 【ISBN 】978-4-299-00546-5
 【価 格】1100円


■宇佐神宮
一之御殿 応神天皇、二之御殿 比売大神、三之御殿 神功皇后ですが、真ん中にくるのが比売大神で宗像三女神と言われていますが井沢元彦氏によれば、これこそ卑弥呼ではないかという説です。卑弥呼は名前ではなく称号で、名前を知られたら呪いなどがかけられると思われた時代です。


■和
聖徳太子の「和を以て貴しとなす」。怨霊が発生するのは負け組が発生するからで、話し合い絶対主義という予防装置となりました。


■桓武天皇
大王自体が戦いましたが、桓武天皇の時代から部下を征夷大将軍に任じ、刀を持たずに汚れ仕事を武士に任せるようになります。軍事政権が幕府の形で分業になっていきます。実際には大政奉還で軍事だけでなく政治も朝廷に返却されました。大政奉還とセットになっていたのが版籍奉還で本来は天皇の元にあった土地と人民が江戸時代まで幕府にあったことになります。


■赤穂義士
赤穂義士に切腹を命じましたが、主君のための名目のためなら幕府の法を無視してもかまわないという宣言と同じでした。幕府の法を超える正義があるということで明治維新へと続いていきます。


■孝明天皇毒殺説
薩摩や長州では天然痘の感染に関する知識がありました。そこで保菌者を送り込んだ細菌テロが行われたのではないかという説があります。次期天皇となる明治天皇は種痘を受けており感染することはありません。穢れを嫌っていた孝明天皇は種痘を受けていませんでした。

| | コメント (0)

2020/09/06

ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と空白の時

 【書 名】ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と空白の時
 【著 者】三上 延
 【発行所】メディアワークス文庫
 【発行日】2020/7/22
 【ISBN 】978-4-04-913083-6
 【価 格】630円


時がたち子供が生まれたビブリア古書堂の第2弾。今回のテーマは横溝正史の幻の長編小説である「雪割草」。戦時中に新潟毎日新聞に連載し、長らく存在が忘れられていた長編家庭小説で、金田一耕助のモデルとなるような人物が登場します。今回はこの小説を題材に事件が展開します。

| | コメント (0)

2020/09/05

2020年6月30日にまたここで会おう

 【書 名】2020年6月30日にまたここで会おう
 【著 者】瀧本哲史
 【発行所】星海社
 【発行日】2020/04/24
 【ISBN 】978-4-06-519428-7
 【価 格】980円


2012年6月30日に東大で行われた伝説の講義です。著者は8年後にまた会おうとしましたが病気で亡くなってしまいました。10、20代に向けた渾身の講義録です。


■自燈明
仏教の言葉で、仏陀が亡くなる時に「わしが死んだら、自分で考えて自分で決めろ。大事なことはすべて教えた」。自ら明かりを燈せ。他の誰かがつけた明かりに従って進むのではなく、自らが明かりになれということです。


■ジョージ・ソロス
ハンガリー生まれのユダヤ人。意見の多様性を重視しました。うまくいった政策があって共産主義国家にコピー機をばらまいたこと。自分の意見や主張をビラにしてばらまくようになり民主化運動が盛り上がりました。


■リベラルアーツ
他の見方、考え方があり得ることを示すこと


■若者の戦略
自分の年収をアップするよりも社会保障で数千万円もの納め毒になっている人をなくす方が簡単でインパクトもある。不公平な社会保障制度を変えていく方が楽。


■パラダイムシフト
天動説から地動説へ-説得でもなんでもなく世代交代でしかなかった。旧世代が死んだことで実現


■アンカリング
人は金額や条件を開いてから示されると、そこを基準に考えてしまう-争点がずらされる


■多様性
リチャード・フロリダという都市社会学の学者による都市間競争の研究。ゲイ、アーチストなど変な人がたくさんいる方が都市として成功する。


■波に乗るには
走り続けていたら波が来たというのがベスト。波が来てから走り出しても遅い。


■bon voyage ボン・ヴォヤージュ
よく航海をゆけという船長同士の挨拶。リスクを自らとる自立した人間の挨拶。基本的に船員はボン・ヴォヤージュとは挨拶しませんでした。

| | コメント (0)

邪馬台国は別府温泉だった

 【書 名】邪馬台国は別府温泉だった
 【著 者】酒井正士
 【発行所】小学館新書
 【発行日】2020/08/04
 【ISBN 】978-4-09-825376-0
 【価 格】840円


副題が「火山灰に封印された卑弥呼の王宮」。1里=77m、1000里=77キロと方向を考えて魏志倭人伝を元に考察しています。対馬海流があるので馬山から加徳島(かどくど)を経由して対馬へ。上対馬町の入江に着いて壱岐へ渡ります。次の末蘆国が問題で呼子あたりを想定していますが、これでは距離があいません。想定しているのが洞海湾沿岸。当時は水位が高く、急流だった関門環境を通らずにバイパスできるルートがありました。伊都国があったのが筑上町湊周辺、奴国は豊前市、不彌国は中津あたりに想定されます。距離や方向は魏志倭人伝通り。金印は奴国が侵略され落ち延びる時に隠したのではという説です。


ここから先、投馬国は分岐して宮崎市手前の都萬神社近くに比定しています。邪馬台国は別府にありましたが火山灰で埋まってしまいます。魏からの使者はいろいろと調べていたようで丹などの天然資源調査をしていたようです。卑弥呼の墓は宇佐神宮境内にある山で禁足地になっています。昔の調査では人口の山のようですので可能性は高いですね。

| | コメント (0)

2020/08/29

清須会議

 【書 名】清須会議
 【著 者】渡邊大門
 【発行所】朝日新書
 【発行日】2020/07/30
 【ISBN 】978-4-02-295076-5
 【価 格】850円


副題が「秀吉天下取りのスイッチはいつ入ったのか?」です。1次資料をもとに秀吉の天下取りに注目していますが、京都をおさえたのが強みになりました。


■秀吉と信忠との関係
信忠が若衆の頃に公家から恋慕されたことがあり、秀吉が「秀吉に目をかけている」と信忠が言えば、既に相手がいると公家もあきらめるだろうということです。


■清須会議
三法師への跡目相続は既定路線で信雄、信孝のどちらが名代になるかで揉めましたが、宿老が中心に運営していくことになりました。その後の領知配分で秀吉は山城をおさえることになります。その後、信雄、信孝は尾張と美濃の境目で揉めて不仲になり、結局、秀吉が信長の葬儀を中心になって行うことになります。


■伊勢の戦い
天正11年2月10日、秀吉側は峯城を包囲して陣をおき、桑名城には外構えまで放火。亀山城の惣門、端城を取り巻いていました。また信雄と連携していたので清須にある大筒を熱田から運搬しろと信雄の意向を伝えています。
家康・信雄連合軍と戦った天正12年3月、津の織田信包は亀山城の堀秀政、長谷川秀一、滝川一益とともに信雄側の軍勢を追い払い峯城に退きました。


■柴田勝家との闘い
秀吉は塩津などで人留め(通行禁止)をして情報が漏れないように管理しました。


■大坂城築城
千塚(八尾)の石がよいと千塚から若江まで石を運ぶための道を作るように指示した文章が残っています


■滝川勝利
木造具康の息子で信長に仕え、その後は信雄と秀吉に仕えていました。長久手の戦い時は松ヶ島城で家康が和で戦っていましたが降伏します。

| | コメント (0)

太陽と乙女

 【書 名】太陽と乙女
 【著 者】森見登美彦
 【発行所】新潮文庫
 【発行日】2020/07/01
 【ISBN 】978-4-10-129055-3
 【価 格】850円


森見登美彦のエッセイです。


■深泥池
幽霊で有名な池ですが、「深泥池奇談」(綾辻行人)という本があるんですね。


■アイデア量不変の法則
たくさんのアイデアを書くためにノートを用意してもアイデアの出る量は一緒。


■ペンネーム
ナガスネヒコでは語呂がわるいと古事記からナガスネヒコの異名である登美彦の名前を見つけ出す。両親の家のすぐ近くが登美ヶ丘でナガスネヒコゆかりの地でした。


■小説「太陽の塔」の書き出し
何かしらの点で、彼らは根本的に間違っている
なぜなら、私が間違っているはずがないからだ


■小説「夜行」
大阪の予備校に通っていた頃、大阪側で近鉄電車を降りて歩いて生駒山を超えたことがあり、2016年にケーブルカーの宝山寺駅で降りて生駒聖天にお参りしてから山頂へ行くこともしばしばあったそうです。この頃は「夜行」が書けず鬱屈していた頃だそうです。


■オッカムの剃刀
化学的単純性の原則 オッカムというイギリスの哲学者が作った言葉
「ある現象を説明するための仮設を立てる時、必要以上に複雑なものであってはならない」で「よりシンプルに説明できないか」ということです。

| | コメント (0)

漫画「獺祭」の挑戦

 【書 名】漫画「獺祭」の挑戦
 【著 者】弘兼憲史
 【発行所】サンマーク出版
 【発行日】2020/07/15
 【ISBN 】978-4-7631-3841-5
 【価 格】1200円

実家の旭酒造を継いだが苦難続き。奥さんが石材業をしていて、こちらの利益をまわすことで会社は存続できていました。杜氏が辞めるなどのアクシデントに対処するところから新しい日本酒が生まれます。ところが旭酒造のイメージがあるので安いお酒でしか扱ってくれません。川獺が獲った魚を河原に並べるのが、神仏のお供えをしているように見えるので獺祭と呼んでいたことから新しい酒銘にします。ここから快進撃がはじまります。

| | コメント (0)

2020/08/23

日本書紀に秘められた古社寺の謎

 【書 名】日本書紀に秘められた古社寺の謎
 【著 者】三橋健
 【発行所】ウェッジ
 【発行日】2020/07/20
 【ISBN 】978-4-86310-225-5
 【価 格】1300円

■伊勢神宮
諸説ありますが太陽信仰の聖地で、土着の渡会氏が太陽神を祀っていたが雄略記にアマテラスが祀られることになり、渡会の神様は御饌都神として外宮の豊受大神になったという説があります。また「続日本紀」に多気大神宮を渡会に移すとあり、滝原宮から移った説もあります。こうなると698年に内宮ができたことになります。

■熱田神宮
ヤマトタケルが置いていった草薙剣を祀っていたところ、楓の樹があり燃えて水田に倒れたので熱田と言う名前になりました。熱田神宮の南にある氷上姉子神社が草薙剣が安置された宮簀媛(ヤマトタケルの妃)の旧宅跡地で、ここが熱田神宮の元宮です。

■ヤマタノオロチの剣
日本書紀にスサノオがヤマタノオロチを退治した十握剣は吉備の神主にあると書いてあり、岡山の石上布都魂神社にあったようです。ここが石上神宮の元宮だったようです。

| | コメント (0)

«流浪の戦国貴族 近衛前久