2017/04/27

よみがえる古代山城 国際戦争と防衛ライン

 【書 名】よみがえる古代山城 国際戦争と防衛ライン
 【著 者】向井一雄
 【発行所】吉川弘文館
 【発行日】2017/01/01
 【ISBN 】978-4-642-05840-7
 【価 格】1700円

白村江の戦などで唐や新羅と対峙した日本では本土防衛のために山城が造られました。大宰府近くで新たに見つかったのが阿志岐山城などが紹介されています。また街道沿いにしか列石がない城もあり、どうも見せるための山城もあったようでし。韓国の城郭研究など最新の山城研究が紹介されています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

夫婦で行くイスラムの国々

 【書 名】夫婦で行くイスラムの国々
 【著 者】清水義範
 【発行所】集英社文庫
 【発行日】2009/08/20
 【ISBN 】978-4087464672
 【価 格】745円

トルコから次々にイスラムの国々を回ることになり、インド、トルコ、ウズベキスタン、イラン、レバノン、シリア、ヨルダン、チュニジア、モロッコ、エジプト、スペイン、イエメンなど12ケ国。おもしろいのが各国のお酒事情。お酒の持ち込みもできない国から街中で飲める国など様々。イスラムといっても多様な文化になっていることがよく理解できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本屋稼業

 【書 名】本屋稼業
 【著 者】波多野 聖
 【発行所】ハルキ文庫
 【発行日】2017/04/18
 【ISBN 】978-4-7584-4085-1
 【価 格】680円

もともとは薪炭問屋だった紀伊國屋を書店にした田辺茂一、紀伊國屋書店を支えた松原治の小説です。阪急が梅田駅を再開発する噂を聞いて提案したのが1階部分全ての700坪全体を借りる計画。現在の紀伊國屋書店・梅田店の誕生です。今から考えたら700坪でも手狭でした。

中学校の教師をしていた角川源義が興した出版社が角川書店。文庫本を荷台に載せて角川社長が自ら紀伊國屋書店に配達する姿が絵が描かれています。もっとも目的は田辺茂一との将棋だったようです。そんな小説がハルキ文庫から出ているのが感慨深いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/22

有頂天家族 二代目の帰朝

 【書 名】有頂天家族 二代目の帰朝
 【著 者】森見登美彦
 【発行所】幻冬舎文庫
 【発行日】2017/04/05
 【ISBN 】978-4-344-42582-8
 【価 格】770円

京都に生息する狸たち。”阿呆の道よりほかに我を生かす道なし”と天狗、人間を巻き込んで今回もドタバタ大騒ぎとなります。

小説には下鴨から出町周辺の風景がよく出てきますが、地元ばかりか観光客がよく並んでいる”ふたば”の豆餅やら阿闍梨餅まで登場します。出街商店街の裏にあるコーポ枡形というアパートに生息するのが天狗・赤玉先生。ここに金曜倶楽部、ぽんぽこ仮面、詭弁論部など森見登美彦ワールドがからんで、今回も面白い作品になっています。本物の電気ブランが飲みたくなりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/15

チューリングの大聖堂(上)

 【書 名】チューリングの大聖堂(上)
 【著 者】ジョージ・ダイソン
 【発行所】ハヤカワ・ノンフィクション文庫
 【発行日】2017/03/10
 【ISBN 】978-4-15-050491-5
 【価 格】10600円

チューリングが構想したのがチューリングマシン。これを具現化しようと考えたのがフォン・ノイマンなどを中心としたプロジェクト。いかにコンピュータが生まれてきたのか創世記の物語です。真空管を使ってメモリーなどを作ろうとしましたが、ちゃんとした真空管がなく、まずは使える真空管を探すような地道なところからスタートします。

■高等研究所
4階に食堂があり昼食と夕食が安い値段で提供されました。1946年10月14日のメニューは「オヒョウのクリーム煮、卵とポテト添え」25セント、「サーモンの煮物、パセリ・ソース、ポテト添え」50セントが選べ、コーヒーは5セント。厨房にはアインシュタイン向けの注意書きがあり、脂肪だめ、キャベツ類や豆もだめ、氷で冷やしたものは全てだめ。でアインシュタインの好みは4分間ゆでた卵でデザートは焼きリンゴだったそうです。

■シフトレジスタの製作
1948年の夏、部品を何度も複製しないといけないので雇われたのが地元の女子高生。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/11

山城の不思議と謎

 【書 名】山城の不思議と謎
 【著 者】今泉慎一
 【発行所】じっぴコンパクト新書
 【発行日】2017/03/07
 【ISBN 】978-4-408-00897-4
 【価 格】850円

山城に関する基礎知識のあと、全国の山城がエピソードとともに紹介されています。また各城には縄張図もついています。井伊直虎で有名な井伊谷では井伊谷城のほかに最後の砦となる三笠城や街道を守る井平城が紹介されています。また武田勝頼が逃げ込もうと思ったのに家臣の小山田信茂に裏切られて入ることができなかった岩殿城。岩山にとりつくような登城道を登るしかなく、確かに難攻不落の城でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人工知能はいかにして強くなるのか

 【書 名】人工知能はいかにして強くなるのか
 【著 者】小野田博一
 【発行所】講談社ブルーバックス
 【発行日】2017/01/20
 【ISBN 】978-4-06-502001-2
 【価 格】1000円

グーグルが開発した人工知能アルファ碁がプロ棋士をついに破ったというニュースが世界中を駆け巡ります。人工知能がいよいよシンギュラリティ(技術的特異点)を超えて、本当に知能をもつのではないかと感じた人も多いでしょう。実際、人工知能がどう考えているのかチェス、将棋、囲碁をテーマに解説した本です。基本的には局面をどこまで読むかが勝負ですが、いかに無駄な局面の検討をしないようにすることも大切です。アルファ碁の本質も評価関数とモンテカルロ法(乱数の発生)を駆使しています。人工知能がいかに学習して現在のようになってきたかが分かる一冊です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/29

南朝研究の最前線

 【書 名】南朝研究の最前線
 【著 者】日本史史料研究会
 【発行所】洋泉社歴史新書
 【発行日】2016/07/18
 【ISBN 】978-4-8003-1007-1
 【価 格】100円

信長、秀吉、家康に続き最新の研究をもとに南朝の実像について書かれています。

南朝といえば鎌倉幕府を滅ぼし建武の親政がはじまったが、公家中心の政権だったため、不満をもった武士が足利尊氏を中心に集まり、後醍醐天皇に対立し室町幕府を成立させたというイメージですが、最新の研究では全然、違うそうです。

建武の親政は公家中心の政治ではなく、武士よりの政権で反対に公家の方が不満をもらしています。足利尊氏も反旗をひるがえすつもりがなく、どちらかといえば場当たり的に対応していて、最終的に後醍醐天皇と対立するところへ追い込まれたようです。新田義貞は当時は足利一族と考えられていたようで、いつのもにか足利氏と肩を並べる新田氏というイメージができあがりました。などなど目からうろこの話が多いですね。武士は大義などよりも、まずは自分の利益を考えて動きますから、複雑な歴史の動きになってしまいます。

室町幕府が発足すると敵の敵は味方ということで北条氏の生き残りと南朝が組んだりもします。南朝が陸奥や遠江へ拠点をつくろうと伊勢の大湊から出港しましたが暴風雨にあうなど苦難になります。北条時行は義良親王と行動を共にして遠江の井伊に入ったそうで、大河ドラマ「井伊直虎」の検地のシーンで川名の隠し里が見つかり、「南朝の御子様が隠れてお住まいになった場所です。なので、井伊の領地であって、井伊の領地ではない」と返答しますが、このことだったんですね。

この時、懐良親王が九州に入り、ここだけは成功し、九州一国が南朝方となり征西将軍府が成立します。もう少しで室町幕府とは別の国家ができた可能性もあったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/25

ビジネスエリアの新論語

 【書 名】ビジネスエリアの新論語
 【著 者】福田定一(司馬遼太郎)
 【発行所】文春新書
 【発行日】2016/12/10
 【ISBN 】978-4-16-661110-2
 【価 格】860円

昭和30年、司馬遼太郎がサラリーマン時代に本名である福田定一で出版した本です。第二部が面白いですね。新聞記者時代に会った二人の老記者ですが、部長や局長になるといったことを目指さず新聞記者としての生き抜いている二人と会った話が出てきます。世間的には負け組と思われようが本人は満足した生き方をしています。一人に対しては会社がまずいと思ったのか、お情けとして「校閲部長にならないか」と言った時に「晩節を汚す」と断られた話は面白いですね。

司馬遼太郎という名前は司馬遷からきているとは類推できますが、決めたのは奥さんのお母さんだったんですね。司馬遼と司馬遼太郎の2つの候補から選ばれたそうです。昔、梅棹忠夫先生が司馬遼太郎との思い出で、新聞記者として優秀だったのは奥さんの”みどり”さんの方だったとおしゃっていたのを思い出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日、会社が倒産した

 【書 名】今日、会社が倒産した
 【著 者】増田 明利
 【発行所】彩図社
 【発行日】2016/07/12
 【ISBN 】978-4-8013-0157-3
 【価 格】630円

16人の企業倒産ドキュメンタリーという副題がついています。帯には「誰の身にも起こりうる倒産、その時あなたはどうする?」とあるように、経営者であろうと雇用者であろうと、明日、会社がどうなるか分かりません。経営者が認識しておかないといけないのは、どうしようもないところまで追い込まれる前に早目に判断することです。負債総額が3億円で自己破産を申請すると概算で550万円ほどがかかり、このお金がないと夜逃げせざるをえません。また従業員を解雇することになるので解雇手当が1ケ月分、必要です。ただリーマンショックのような全く予期しない外部環境の変化があると難しいですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«織田信長の家臣団