2019/08/17

日本史長命短命人物列伝

 【書 名】日本史長命短命人物列伝
 【著 者】松尾 和彦
 【発行所】叢文社
 【発行日】2019/04/01
 【ISBN 】978-4-7947-0792-5
 【価 格】2300円


35歳以下で没した448人と85歳以上で没した344人を紹介しています。


■最後の殿様
昭和の初めまで本物の殿様が生きていました。広島藩主・浅野長勲で亡くなったのは1937年。また上総請西藩の藩主・林忠祟は藩主自らが脱藩して幕府側として転戦。1941年まで生きました。


■信長の長男
信長の長男といえば信忠が思い出されますが本当の長男は信正。母親が原因で信長には認められていなかったようです。


■桑名城の戦い
関ケ原の戦いの前哨戦といえば津城の戦いが有名ですが、桑名城でも戦いがありました。豊臣秀吉の家臣で伊勢・近江・越前国内1万石を拝領した寺西直次で、長浜10万石の代官でした。会津征伐に従軍しましたが、石田三成の挙兵を聞くと家康に断って城主の氏家行広とともに桑名城に引き返し籠城。山岡景友、九鬼守隆らの攻撃を受けて山岡の勧めで降伏し城を出たそうです。


■六本木・青山高樹町
高樹、上杉、朽木、青木、片桐、一柳と木に関する六家の中屋敷があったことから六本木となります。高樹家の下屋敷があったところが青山高樹町となりました。


■田中光顕
明治維新で生き残った志士は栄達をはかしましたが、白石正一郎など散々、お世話になったのに恩返しをしたものは皆無でした。武市半平太の妻を探し出して支援したのが田中光顕で、唯一、恩返しをした人物でした。


■立入宗継
正親町天皇と織田信長との間を調整したり石山合戦でも調整にあたった京都の商人です。京都三大祭のひとつ時代祭で織田公上洛列の先頭で馬に乗り登場します。


■大成建設
創業したのは大倉喜八郎で、戒名が大成院で戒名が会社名いなっています。他にもサッポロビールやホテルオークラなどを企業しています。


■宮川助五郎
長州藩の罪状を書いた制札を壊しているところを新選組に捕まったのが土佐藩士・宮川助五郎。寺田屋で坂本龍馬と中岡慎太郎が話をしていたのが、どうも宮川助五郎の話だったようです。潔い態度で捕まったので近藤勇は赦免届を出し、赦免されたのが寺田屋事件が起きた当日でした。


■壬生義士伝
吉村貫一郎といえば新選組に入隊し貰った手当をすべて妻子に送り、剣の腕はめっぽう強いという人物です。鳥羽伏見の戦いのあと、出身の南部藩屋敷で切腹したことになっていますが、実際は明治3年に病死しているそうです。


| | コメント (0)

2019/08/10

知っておきたい入管法

 【書 名】知っておきたい入管法
 【著 者】浅川 晃広
 【発行所】平凡社新書
 【発行日】2019/03/15
 【ISBN 】978-4-582-85906-5
 【価 格】860円


■ビザとは
日本に来る場合、パスポートを持ってその国の日本領事館へ行って査証をもらいます。査証を出すのは外務省になります。日本に着いて受けるのが入国審査で担当は法務省入国管理局でダブルチェックになっています。よくビザと言いますが、そんな法律用語はなく査証と在留資格をあわせた一般用語として使われています。


■永住者
2018年で約76万人で実質的に移民となりますが日本語能力については問われないなど問題となります。また犯罪をおかすと永住者といえども強制退去の対象となります。帰化によって国民となってしまえば、この心配はいりません。


| | コメント (0)

2019/08/08

わが夫 坂本龍馬 おりょう聞き書き

 【書 名】わが夫 坂本龍馬 おりょう聞き書き
 【著 者】一坂 太郎
 【発行所】青志社
 【発行日】2019/04/25
 【ISBN 】978-4-86590-081-1
 【価 格】1100円


坂本龍馬の奥さんとして有名な「おりょう」さん。父親は楢崎将作という医者で漢学を学んだ時の同窓が梁川星巌でした。頼三樹三郎とも親しかったため安政の大獄の時に捕まりましたが釈放されていました。勤王派シンパだったようです。楢崎家はもともとは長州の武士だったようです。


坂本龍馬が勝海舟や西郷隆盛、木戸孝允などと手紙をやりとりする時、途中で漏れると危ないので暗号代わりに艶書(恋文)形式でやりとししていたようです。例えば「今宵ひそかに」は「今夜、敵の目をあざむいて」だったそうです。


坂本龍馬やおりょうらが船から徳利を投げて、ピストルで撃って当たらなければ酒を飲むような遊びをしたりと不良夫婦の等身大の姿がよく分かります。


| | コメント (0)

2019/08/03

戦況図解 信長戦記

 【書 名】戦況図解 信長戦記
 【著 者】小和田哲男
 【発行所】サンエイ新書
 【発行日】2019/07/20
 【ISBN 】978-4-7796-3962-3
 【価 格】900円


太田牛一が書いた「信長公記」は文字が中心ですが地図上にマッピングした本です。桶狭間の合戦、姉川の戦い、長島一向一揆、石山本願寺との戦い、本能寺の変などなど信長の数々の戦いが図示されています。


| | コメント (0)

2019/07/29

九十三歳の関ケ原

 【書 名】九十三歳の関ケ原
 【著 者】近衛龍春
 【発行所】新潮新書
 【発行日】2019/03/01
 【ISBN 】978-4-10-100451-8
 【価 格】710円


大島光義という実在の人物に焦点をあてた小説です。弓一筋で技量を磨き、美濃の関が本貫でしたのでまず齋藤龍興側として織田信長と戦い、やがて齋藤氏が滅びると織田家家臣として迎えられ信長、信忠、信孝に仕えることになります。鉄砲の時代となっていましたが鉄砲は次の弾を発射するまで時間がかかり、その間を補うのが弓衆です。少々の雨でも使えるところが重宝しました。信長、秀吉、家康という天下人から弓の達人と言わしめ、93歳の時には関ケ原合戦の大垣城攻めにも加わっています。生涯現役の武士で97際で没しました。


| | コメント (0)

2019/07/27

フェイクウェブ

 【書 名】フェイクウェブ
 【著 者】高野 聖玄
 【発行所】文春新書
 【発行日】2019/05/20
 【ISBN 】978-4-16-661218-5
 【価 格】800円


JALがビジネスメール詐欺に引っかかったなど偽メール、偽ニュース、偽広告が蔓延しています。


■ホモグラフ攻撃(同型異義語攻撃)
アドレスで文字「O」を数字の「0」にすると見分けがつきません。知らない相手からのメールやメッセージのURLをクリックしないことしか予防策はありません。LINEやFacebookのアドレスを乗っ取って知り合いからも届くので気が抜けません。


■広告が届かない
アドネットワークという仕組みがあり、広告費を払うと”若い世代の男性”というターゲットにあった媒体に出稿してくれるサービスですが、WELQのようなサイトにまで広告が掲載され問題となりました。海外のブログなどを翻訳して信憑性を確かめずに掲載して広告収入を狙っているサイトもあり月間1000万PVがあると1PV0.1円だとすると100万円の広告収入が入ります。


なかにはJavaScriptなどを使って広告がいきなり大きく出たり上から下へ移動させることによってユーザーに間違って押させるようにすると広告収入をさらに稼ぐことができますが、広告主にとっては騙されたようなものです。アドフラウドという不正閲覧するボットを使って広告収入を稼ぐ手法もあり広告の数%から数10%は広告として届いていないともいわれています。


| | コメント (0)

2019/07/25

未来の地図帳

 【書 名】未来の地図帳
 【著 者】河合 雅司
 【発行所】講談社現代新書
 【発行日】2019/06/20
 【ISBN 】978-4-06-516089-3
 【価 格】860円


副題が「人口減少日本で各地に起きること」になっています。


■大阪市
市内に住む外国人は13万人で全国1位。2位は横浜市の9万ですが人口が大阪市よりも100万人多いので大阪市の多さが際立っています。また職住近接で高齢化することもあり環状線の内側に人口は増えますが周辺の城東区、西淀川区などは人口が減る逆ドーナツ現象がおきます。


■外国人が多い市町村
占冠村(北海道)29.3%、大泉町(群馬)22.1%、赤井川村(北海道)10.6%で占冠村は4人に一人が外国人になっています。東京圏、名古屋圏、北海道に多く集まる傾向になります。


■47都道府県の意味がなくなる(2045年)
鳥取県-45万人 高知県、島根県、徳島県、山梨県も60万人以下に
東京都-1,360万人となり鳥取県と30倍の差がでる
貯蔵や輸送に向かず買いだめできないサービスが地域になくなると一気に人口が減る傾向にあります。


| | コメント (0)

2019/07/21

戦国日本と大航海時代

 【書 名】戦国日本と大航海時代
 【著 者】平川 新
 【発行所】中公新書
 【発行日】2018/64/25
 【ISBN 】978-4-12-102481-7
 【価 格】900円


副題が「秀吉・家康・政宗の外交戦略」となっています。信長時代から植民地化を狙うスペインやポルトガルとの関係はけっこう緊迫した状態で、日本征服論もありました。秀吉が明まで攻め、そのあと天竺まで攻め上げることを考えて朝鮮出兵を行いましたが、ボケ老人の夢想ではなく当時の海外情勢を考えた戦略だったようです。日本の植民地化は無理と考えスペインとポルトガルは布教で支配しようと考えましたが、秀吉によってバテレン追放令が出されます。秀吉はおどしもかけており、日本からの攻撃をうけると考えたマニラでは戒厳令が出され本国に出兵要請を出していました。秀吉は貿易はよいが布教はダメというスタンスです。


家康も秀吉路線を引き継ぎますが、スペインなどは貿易と布教をセットと考えており、貿易はうまくいきません。伊達政宗が布教特区というアイデアを出します。マニラ・メキシコ航路が仙台沖を通るので伊達政宗のところだけ布教を認め貿易を行い、分け前を家康に渡すという考えです。支倉常長が特使として派遣されます。ところが秀忠の時代となり幕府の禁教令とあわないことから政宗は謀反を考えているのではと疑われ、スペイン路線を断念。外交は幕府による一元管理となっていきます。


| | コメント (0)

ジェット旅客機の秘密 改訂版

 【書 名】ジェット旅客機の秘密 改訂版
 【著 者】中村寛治
 【発行所】サイエンス・アイ新書
 【発行日】2019/6/25
 【ISBN 】978-4-7973-9506-8
 【価 格】1,000円


■エンジンの逆噴射
飛行機が着陸するとエンジンの逆噴射が行われ、吸い込み口からジェットを逆流させることでブレーキをかけていると思っていたら違っていました。吸い込んだ空気をブロッカーで止めてエンジンの横から斜め前に空気の流れを出していただけなんですね。


■飛行機の発着時間
発車時間は牽引車(タグカー)が飛行機を誘導路に押し出すプッシュバックをするために車止めをはずすブロックアウトの時間になります。到着時間は反対に車止めを置くブロックインの時間になります。


■飛行機の降下
着陸態勢に入り、どんどんスピードを落としていきますがエンジンは回っていて吸い込む速度よりも噴出する速度を少なくすることで、これがエンジンブレーキの役割をはたし速度を落とします。


| | コメント (0)

飛鳥・藤原の宮都を語る

 【書 名】飛鳥・藤原の宮都を語る
 【著 者】相原嘉之
 【発行所】吉川弘文館
 【発行日】2018/9/10
 【ISBN 】978-4-642-08338-6
 【価 格】1,900円


メルマガ「飛鳥遊訪マガジン」の原稿をまとめたものです。


■百済大寺
桜井市吉備池のほとりで見つかった寺跡が百済大寺とみられています。建てられたのは舒明天皇の時代とみられています。西の民は都を造り、東の民は寺を造るとの記載があり、百済大寺の西側には百済大宮があった模様です。ここらへんが百済と呼ばれていたことから磐余の範囲は従来よりも狭く、東に鳥見、西に阿部、百済、膳夫(かしわで)があり、そこから厩戸皇子の上宮(かみつみや)は上宮遺跡と考えられそうです。


大津皇子の辞世の句で有名や磐余池の場所は分かっていませんが、磐余の範囲を考えると安倍山(磐余山)の北西にあるあたりが有望そうです。西池田、東池田、南池田という字名が残っていて君殿という字名もありました。


| | コメント (0)

«怪しい戦国史